--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-31(Tue)

明日から復帰です…

本日は、最後の日です。明日から職場に復帰するのですね。まあ、もっとも復帰するといってもそんなに大それたものではないですからね…それに6月ごろには…
この休みの間に結構人生の荒波が結構激しかったと思います。とはいえ、自分でまいた種であるので仕方のないことではありますが。本当に人生どう転ぶかわかりませんね。

さて、そんな本日の話題はこちら。

コミック本は包んだほうが売れる! フィルム包装機市場でシェア90%のダイワハイテックス
2009年3月30日(月)08:40

 ダイワハイテックスは、書店に並ぶコミック本のフィルム包装機市場を創出したベンチャー企業。取引先書店数は約5500店。34万~260万円の3種類の包装機を製造販売する。「コミック本は包装したら売れない」という業界常識を覆し、フィルム包装機「コミックシュリンカー」で市場を創出。現在も国内シェア約90%とほぼ独占状態だ。

 会社設立は1978年、業務用包装機の仕入販売からスタートした。大石孝一社長は当時を振り返り、「創業当初は、食べていくのがやっとだった」と語る。

 転機となったのは設立から2年後、展示会で出会った書店主の「立ち読みと本の汚れを防ぐため、コミック本にカバーをかけられないかな」というささやきだった。

 それまで取り扱っていた包装機の売れ行きが思わしくなく、独自の商品開発を模索していたときでもあり、同社では早速、クリーニング用包装機を参考にしながら、本を透明フィルムで包む機械を開発した。

 しかし、すぐには売れなかった。ほとんどの書店主は「フィルムで包んでしまったら、売れる本も売れなくなる」と関心を示さなかったという。

 それでも、大石氏は諦めなかった。わずかな数にせよ、購入してくれた書店での顧客の反応を見て、「お金を出して本を買うお客さんは、きれいな本を望んでいる。フィルムで包んだら売れないというのは、先入観にすぎない」との確信を得たためである。

 実際に機械の性能を上げ、使い勝手をよくすると、徐々に売れ始めた。売れ行きに拍車がかかったのは初号機の発売から約2年後。大手取次の調べで、フィルム包装により書店でのコミック本の売り上げが約15%伸びることがわかってからである。

…買ってみないとわからないということがコミックの売上に貢献している気がしますが…立ち読みや視聴できるのはそれだけで選択肢を狭めることですのでね。
この本いいのでは!?と思ってみて中身を見たら…ということが割とありますのでね。
もっとも最近はコミック関係はどれもこれも質が高いので本当に迷う必要はなくなりましたが、どれもこれもみんな同じようなキャラクター?になりつつあります。
萌化…というのは聞こえはいいですが、実は別に今に始まったことではありません。時代の流れというやつでしょうね。だって一昔前といっては失礼ですが、少女漫画はどれも似たような絵でしたし、
少年向けもにたものや設定が大体同じものであふれていましたからね。
しかし、こういうものの流れを作った人物はすごいですね。尊敬いたしますよ。

では、本日の名台詞。本日は、日本の漫画、アニメーションそのすべてのピラミッドの頂点に君臨する
偉大なる人物の名台詞を書きたいと思います。

「…仕事をしなくては…」 手塚治虫

解説:
本日の名台詞は、かの手塚治虫が臨終間際に妻にいった一言が本日の名台詞です。
前述の通り、日本の原点を作った不動の人物、それが手塚治虫です。本当に彼の功績ははかり知れません。あらゆるジャンルのマンガの道を切り開いた先駆者であります。
ロボットものの原点…「鉄腕アトム」、医療マンガの原点「ブラックジャック」歴史風刺「アドルフに告ぐ」
ディズニーの影響を受けながらも、人間と動物とのあり方を記した「ジャングル大帝レオ」
聖人君主の生をドラマチックに綴る「ブッダ」罪とはなにかをといた「火の鳥」女の子向けの原点「リボンの騎士」…その数をあげれば枚挙にいとまがないとはまさにこのことです。
それをすべて一人で構想を練り、そしてそれを世に送り出した…まさに彼は偉大なる人物であります。そんな彼をしたい、尊敬して弟子になった人がまた有名どころが満載です。
石野森正太郎…そして藤子A・Fらですね。
手塚治虫が投じた一石はあまりも大きかったまさに二十世紀の日本を代表する偉人であります。
また、本日の名台詞からわかるとおり、彼は勤勉家でもありました。
偉大なる人間、そして尊敬を集める人間の多くに共通していることは努力を惜しまなかったということです。昨今、努力や地道が嫌われるなかにあってこうした偉人達は燦然と輝いています。
楽することが悪いとは私は絶対に思いませんが、でも時には努力が必要だと思っています。
また、それを続ける意志が必要になるとおもいますね。
スポンサーサイト
2009-03-30(Mon)

そろそろ衣替え…

本日は、そろそろこのブログも衣替えかな?と思います。さて、そろそろこのブログはもうじき大変なことを迎えるのですが…まあ、大したものではないのであまり期待を持たせる…というか期待している人がいるのかな?このブログ?
とかいうことを考えてみたりしますね。

さて、そんな本日の話題はこちら。

8割が「日本人」に誇り 5カ国の青年意識調査
2009年3月28日(土)05:02
 内閣府が28日発表した日本など5カ国の青年に対する意識調査結果によると、日本で「自国人であることに誇りを持っている」と答えた人は、6年前の前回調査より9・1ポイント増の81・7%に上り、1977-78年実施の調査で聞いて以来初めて8割を超えた。自国で誇れるものは「歴史や文化遺産」が59・4%で最多。自国人が「国際的視野」を身に付けていると考えている人は、日本が27・8%で最低。

…なるほどという感じですかね。まあ、日本人としてよかったというのは実感できましょう。なにせ日本は治安の良さや経済力のよさ、そして、宗教的な寛容さとという世界的にみてもきわめて良識的な国であると思います。外国に行って一番丁寧なのが日本人だということですからね。
ですが、そんな日本人は外国に行くと「チップをあげる」という風習がないのでずいぶんと…というのは昔のようですね。話によりけりですが…同じアジアの国でも「中国や韓国の人にはあまり宿泊してほしくない」と爆弾発言がヨーロッパからでたように、日本人の旅先でのマナーもだいぶ向上しているみたいですね。まあ…チップの話題は海外旅行が珍しかった時代のものですからね。
それに日本の旅館でも「託」なんどと評してチップを送る風習があるとおもうのですがね。

では、本日の名台詞。

「天は人の上に人をつくらず人は人の下に人をつくらず」 福沢 諭吉

解説:
尊敬する日本人は…と街頭インタビューで尋ねられると出てくるのが意外とこの方。福沢諭吉であります。今では一枚円札の顔として馴染んでいらっしゃるこの偉大なる学者、福沢諭吉です。
福沢諭吉という人間が凄いと思い、また尊敬するのはオランダ語が通用しないとわかるとすぐに英語に乗り換えまた、それをマスターして、さらには数々の英語単語を翻訳したということでしょう。
たしか、「哲学」とかいう言葉を考え出したのは諭吉さんですからね。
また、後の世のために自分で塾を開いたというのもなかなかできるものではありません。
時代を見る目が確かですね。
さて、日本でもっともある意味では欲しがられていたり尊敬したりされている人物が福沢諭吉ですが、
実は、かの「征韓論」を推進していたので韓国ではかなりの嫌われものです。伊藤博文並に嫌われています。
とはいえ、彼が偉大なる学者ではあることには変わりありません。また、「征韓論」をめぐる問題では同様の理由で西郷隆盛、なんかも嫌われています。
こうみると、日本で尊敬を一身に集めている明治の人間に限っては結構中国や韓国では嫌われていることが多いみたいですね。
となると…旧日本円札の人間は大体ダメなのかもしれませんが…でも偉大なる人物であり、また尊敬、畏敬される人物であることは、間違い無いと思います。
多くの尊敬される人間はその人の生きざまによるところが多いと聞いたことがあります。
尊敬される人物というのはある意味では万国共通なところもありますが、やはりお国柄が出ると思います。
ちなみに、万国共通で私がとても尊敬する日本の方は「二宮金次郎」その人です。
昔は、よく動くとか言われ、よの小学生をビビらせたものですが、今ではあまりいませんね。
とても偉大な方であり「日本で最初の民主主義者」と外国では評されています。
そんな金次郎さんは…実は大変な大男です。あの像は子供の時なのでね。
でも、歩きながら本を読むのは…結構危ないですよ。
2009-03-29(Sun)

避けられぬ戦いを乗り切るには…

本日は、追跡取材…ということではありませんが、この話題を行きたいですね。

イチローとの真っ向勝負…無視かミスかは“林”の中
2009年3月28日(土)17:15

(夕刊フジ)
 WBC決勝の日韓戦に決着をつけたのは、延長10回2死二、三塁でマリナーズ・イチロー外野手(35)がヤクルト・林昌勇投手(32)から放った中前打だった。敬遠もやむなしの場面だけに、韓国では「サインの伝達ミスか」「林のサイン無視か」と物議を醸している。

 26日夜に放送された韓国MBCの番組「100分討論-韓国野球を語る」。やはり議論は林の“真っ向勝負”の場面に集中した。韓国代表の金城漢主席コーチは改めて「金寅植監督は確かに真っ向勝負するなとサインを出した。誘い球で勝負して、イチローが引っかからなければ歩かせろと指示し、投手コーチが捕手にサインを送った。ところがなぜかカウント2-2から真ん中に変化球がいった」と釈明した。


 金監督は「捕手が立ち上がってはっきり敬遠するように指示すればよかった。きっちりサインを伝達できなかったならば監督の責任。林は悪くない」とかばっている。


 ただし、韓国野球委員会が発表した試合後の林のコメントは、「サインを見誤ったが、勝負したい気持ちもあった。誘い球が失投になった」と微妙なニュアンスだ。


 さらにプロ入りから11年間、林の面倒を見てきたサムスンの金応竜球団社長は「林昌勇はわざと真っ向勝負した。現場にいなかったから100%は断言できないが、昌勇を長年見ているから分かる。『歩かせろ』のサインを出すとわざと中に投げて打たれたり、何回驚かされたか分からない。首脳陣は昌勇の性格が分かっていなかったのだろう」とし、林の意図的なサイン無視とみている。


【「後悔していない」表情晴れ晴れ】


 林は韓国代表に帯同して米国からいったん母国に戻ったが、こうした経緯から国内では「戦犯は林だ」との非難も噴出。そこで27日に再来日した林を都内で直撃した。


 --サインは正しく伝わっていなかったのか


 「それについてはノーコメント」


 --ファウルで粘られて決着は8球目だった


 「5球目(真ん中低めに落ちる変化球。イチローはファウル)で勝負ができていればよかったのだが…」


 --あまりやらない2イニング目の続投も影響したか


 「それは関係ない」


 --投球内容に満足?


 「いや、最後は思ったようなボールがいかなかった」


 --大会を代表する名勝負だったと思うが


 「一言言うとすれば、もしこういう試合がまたあったら、同じように戦いたい。いい勝負でした。後悔はしていない」


 真相は結局“藪の中”だが、韓国最高のクローザーを自負する投手が、日本を象徴する打者と相対してどんな感情を抱くかは想像に難くない。仮にあの場面でイチローを歩かせて優勝しても、果たして「わが国が世界一」と胸を張れたか。いずれにせよ、世紀の対決を振り返る林の表情は晴れ晴れとしていた。


■林昌勇(イム・チャンヨン) 1976年6月4日、韓国光州広域市出身。右横手からの最速157キロの速球を武器にヘテ、サムスンで主に抑えで活躍し、12年間で104勝66敗168セーブ。故障などで05年から不振に陥ったが、ヤクルトに移籍して昨季は1勝5敗33セーブと復活。今回のWBCでは韓国代表の抑えを務め、決勝でイチローに打たれるまで無失点だった。

…以上の流れですね。まあ、仮に真っ向勝負だとしたらそれはそれでカッコイイし潔いことだと思います。事実であったら私はあの土壇場で勝負を挑んだ林選手を尊敬します。
人間はどうしても避けられない戦いというか場面の時には逃げてしまいたいものです。しかし、それを真っ向から挑んでいったのですからそれだけで勇気ある行動ですし、尊敬すべきことだと思います。
誰にでもできることではありませんし、この場面はWBCという条件だからこそ生まれたのだと思います
素人でも歩かせる場面と言われたこのシーンは後々に語り継がれていくのでしょうね。
こうした人間ドラマが、人に感動をあたえ、凄いと思わせ、そしてここからの尊敬と畏敬の念をもたらすのではないでしょうか?
また、日本もこの場面に競り勝ったからこそ貴重な二連覇を達成した訳であります。
さまざまな思いが入り混じった人間ドラマだからがあるからこそ、スポーツというのは人を引き付ける魅力にあふれているのではないでしょうかね?

では、本日の名台詞。

「ラオウよ…俺にとってあなたが最強の強敵(とも)だった…」 ケンシロウ

解説:
ご存じ、北斗の拳のケンシロウ対ラオウの勝負がついた際に、ケンシロウがラオウの墓前にむかった
放った台詞が本日の名台詞です。
偉大なる兄、そして強い兄として尊敬してまたその兄を十分に意識していたケンシロウにとってラオウに勝つということはそれらを超えたということなのです。永遠にライバルであり、そして誰よりも強く、
たくましい、偉大なる兄としてのラオウをそのあとずっとケンシロウはある意味では追い続けるのですね。男くさい北斗の拳ですが、強い敵には敬意を払い、また敗者にも敬意を払う…という戦う者同士の尊敬の念が随所に込められているのがこの北斗の拳という作品の魅力なのかもしれませんね。
2009-03-28(Sat)

やらなくてはならない時…

本日は、R氏とともにA2へ行きました。…いやなんとも幼稚な出だしですが、久しぶりだったので結構気合いが空回りした感が…まあ、私だけですが。
実は、先週ちょっと顔を出したのですが、やはりA2には今一つ昔の活気がありません。
まあ、大丈夫だとは思うのですが、仮になくなりでもしたら…頑張れ!A2!!!

さて、そんなこんなでその帰り道に、書店BJによって頂いたのですが…う~むやはり本を始めたしたもろもろのものが欲しくてたまりません…ですが、今の自分にはもはやそういう体力(いろんな意味で)ないので諦めざるを得ないということですごすごと…引き下がったのですが…
あごが外れそうな驚愕な事態になりました。

実は…フィギュアが発売されるみたいです。それも二種類も…え!なんのフィギュアだって???
…またまたご冗談を…もちろん「プリンセスラバー!」のフィギュアです!!!
やったぜ!!!やっちまったぜ!!!感動ものだぜ!!!凄いぞ!凄いよ!!凄いぜ!!!
「プリンセスラバー!!!!!!」絶叫

…大変の見苦しいところをお見せいたしました。なにしろ限定ものらしいので…それもインターネット上でのものでしかも一日のみ…決戦は4月13日…

では、本日の名台詞。

「男には…やらなければいけない時がある…」 キャプテン・ハーロック

解説:
ご存じ、松本零士の宇宙もの三大のひとつ。キャプテンハーロックが本編ではなく劇場版の銀河鉄道999で発した台詞が本日の名台詞です。
今の心境そのものです。
もはや松本ファンには説明不要なかっこいい名台詞ですね。ちなみに私はファンとしてのレベルは最低クラス、なにせ見た作品はほとんどが劇場版ですのでそれもちょこっとです。
松本さんの作品といえば…そうですあの特徴的な女性キャラです。
実は、あの女性たちが生まれたのはとある一枚の写真がきっかけというのはご存じでしょうか?
明治時代の女性の写真から感銘を受けそしてかきあげたのがご存じ「雪」です。
全ては一枚の女性の写真が原点とはなんともRomanticではありませんか。
イヤーさすがは一流は目の付けどころが違いますね。尊敬しますよ流石!凄いぞ!!!
しかし、なにより尊敬しまくりますのはなんといってもあの設定を考え出すその脳内!凄いよ!
まさしく天才的ではないでしょうかね?
ちなみに、この松本零士さんですが…知っている人は知っているあのゲームのなんとキャラを書いています!!!…相当マニアックですよ…何しろ戦車ゲームですからね。
でも、今だに色あせぬその出来はマニアだくるいのしなもののゲームです。
…たぶん知っている人はそうはいません…ああ悲しいかな…鋼鉄の騎士よ…
2009-03-27(Fri)

怒るなら…変えて見せよう…プロジェクト…

本日は、R氏の指摘通り露骨に行きたいと思います。もはやなりふり構っていられません。
タイトル通り、「怒るなら…変えて見せよう…プロジェクト…」ということです。

さて、本日の露骨な尊敬化の話題は上記の原点。「鳴かぬなら…」シリーズの三傑といいたいところですが、まあ三人も何なんでやはりこの人で行きたいと思います。
「鳴かぬなら…殺してしまえ…ホトトギス…」
そうです。織田信長であります。さて、これはもちろんですが三人ともこのホトトギスの歌を詠んだというのは…たぶんがセではないかと思います。まあ、江戸時代の創作ではないかと思いますが。

この織田信長という人間…語る必要もないですが、日本人で一番好きな偉人ランキングの堂々の第一位だったりします。まあ、嫌いだな~という人間はあまりいません。もっともそれは歴史の偉人としてですが。私なら上司にはもちたくないですね…だって怖いですものね。
話を元に戻して…信長の凄いところもしくは尊敬するところ。尾張の国を統一。父親が達成できなかったことをあっさりと。尊敬しますね。
経済力、軍団力において当時最強だった今川軍を桶狭間で撃破。戦上手ですね、作戦を見習って大戦略とかでも似たようなことをしたいとは思いますができませんね。いやはや尊敬します。
誰も抵抗というか手すらつけなかった当時の仏教徒(比叡山延暦寺)を容赦なく弾圧。
その行動力は…というか神仏を恐れぬその姿勢尊敬しますね。
とまあ、かなり高スペックな武将であることは間違いないでしょうが、彼の最大の強さは「うんのよさ」でしょうね。これは自身も思っていたに違いないでしょう。
武田や上杉など対抗馬は次々と病死ですからね。毛利の方も輝元ですからねなんとも。
まあ、あのまま順調に言っていたら天下統一はもっと早かったでしょうね。
ですが、最後は良識ある家臣の明智光秀に日本でいちばん有名なクーデターで殺されてしまいます。

それでも、今日まで尊敬されつづけているのはやはり人間的な魅力があったからこそでしょうね。
最後に、織田信長という人間は人を人とも思わぬというところがあるという定説がありますが…
こんな逸話が。
行列を遮るようにして昼寝をしていた農民を怒るどころか笑い飛ばしてこう言ったと「農民が安心して
昼寝ができる国を作らねばな。」
本当は、心の優しい人だったのではないでしょうかね。心優しく尊敬できる領主としての信長…いいものですね。まさに尊敬すべきでしょうね。

では、そんな彼の歴史的な名台詞が本日の名台詞。

「是非に及ばず」 織田信長

解説:
本日の名台詞は、本能寺の変が起きた時、森乱丸から「明智殿ご謀叛」の報告を聞いた際に、時代劇では必ずいう台詞が、本日の名台詞です。
まあ、文献にもそういったと書いてあるので間違いないでしょうが…
ちなみに是非に及ばずとはしかたのない…という意味らしいのですが、この意味を異訳すると…
「明智が謀反を起こしたか…それは致し方のないことだ。」とまるで謀反がさも当然かのようにいってのけたということになります。
いろんなことが言われていますが…信長は心のどこかで光秀が謀反を起こすのではないかと思っていたのでしょうね。もし謀反が起こされてそこで自分が死のうともそれが天命であると思っていたのではないでしょうか。
だとすれば、見事な引き際です。いやー尊敬しますね。

2009-03-26(Thu)

いざ始まればそういうものですね…

本日は、なんとも言えないこの話題。

意外に経済効果あり? 「定額給付金期待論」が急浮上中
2009年3月26日(木)11:00

 “景気対策の目玉”として、いよいよ3月から給付が始まった「定額給付金」。給付総額は2兆円で、2月時点の年齢を基に「国民1人当たり1万2000円、65歳以上と18歳以下には2万円」が給付される。

 すでに全国の自治体には、続々と問い合わせ窓口が設けられており、給付は4月以降に本格化すると見られている。

 だがこの給付金、ご存知の通り、給付開始までの道のりは、決して平坦ではなかった。国会での審議中には、「国民の7~8割が反対している」と報じられたほど評判が悪く、野党はおろか、政府与党内からもその効果を疑問視する声が噴出し続けたのだ。

 批判に拍車をかけたのが、麻生太郎首相の一連の言動。自ら「給付金を受け取るのはさもしい行為」と言ってみたり、それが批判されると発言を撤回したりと、“迷走”ばかりが目に付いた。

「これほど批判されている給付金をもらう意味なんて、ホントにあるの?」

 テレビ局が行なった街頭アンケートに、渋谷の女子高生までもが“しらけムード”でこのように回答していたことは、記憶に新しい。

 確かに、定額給付金に対する世間の批判には、それなりの説得力があったのは事実だ。

 大勢を占めた批判が、「2兆円程度の給付金では、景気対策としてあまりにも規模が小さく、効果が限定的」「財政赤字を拡大させる従来型の“バラマキ”と何ら変わらず、解散総選挙や消費税率アップを見据えた政府与党の人気取りに過ぎないのではないか?」というものだった。

「何よりしらけムードが大きかった理由は、“愚策”と揶揄されたかつての地域振興券とあまりにもイメージが似通っていたこと」と指摘するのは、ある大手シンクタンクのエコノミストである。

 定額給付金は、まさにこういった“批判の嵐”を突っ切るようなかたちで、給付が決定されたのである。

 ところが、いざ実際に給付が始まってみると、世間の給付金への“期待度”は、当初予想されていたよりも大きいようだ。経済の専門家のなかには、「せっかく給付が決まったのだから、どうせならそれを有効活用して、景気回復に貢献すべきではないか」という、前向きな意見も増えている。

…まあ、さんざんに言っておいてもいざというなってみれば誰しもありがたいと思うのは人間というやつでしょうね。確かに、不公平感や、はたして社会的に均等なのかといわれてみればそうですが、
それでもいざ始まってしまえば…小沢氏も失脚しましたから今まさに麻生反撃のチャンス!!!
…かどうかは知りませんが、まあこれ以上支持率が下がるとこともないでしょうね。

では、本日の名台詞。

「金は天下の回りもの…ところがどっこい今じゃ天下が金のまわし者…」 仕事人2009ナレーション

解説:
本日の名台詞は、必殺仕事人2009の冒頭のシーンにてあのかたのナレーションで始まる台詞が本日の名台詞です。
いや、まさにそのとおりですね。
さて、政治と金は切っても切れない関係にありますが、かの尊敬する人が多い松下幸之助は、私塾を開いていますね。ご存じのかたも多いこの塾の出身者には大物の政治家もちらほら…
民主党の前原さんはその例ですかね。
松下という人はとにもかくにも凄い人だったみたいですね。まあ、世界の松下にしたのは彼に他ならないので当然しょうが、人をしていわく。彼は商売の天才だったと。
という訳で、尊敬する人が後を絶たない松下さんですが、ああいう人が本当に金をうまく使っているという人物なのかもしれませんね。金の流れを作っている。これこそが商売人の神髄ではないでしょうか?いや、決して金貸しという意味ではないですよ。ただ、御金をうまく、使っている人こそが本当の意味での天下の回りものなのかもしれませんね。
2009-03-25(Wed)

極限の心理状態…その時…人は…

本日は、一夜明け相変わらずWBCの話でもちきりですが…さてさて、あの韓国も今回のWBCはくいはほぼないということです。まあ、当然悔いというかしこりは残りましょうが、全力を出し切り、しかも
同点に追い付き…いよいよいくか!という場面もあったので韓国の方もそこそこ満足だと思います。
日韓国の方が全体的にチームとしてのバランスや選手のメンタル面では上であるとおもいます。
ですが、今回はちょっとしたアクシデントがあったようですね。


イチローは「歩かせろ」…韓国、痛恨のサイン見落とし
2009年3月25日(水)17:15
 WBC決勝で北京五輪に続く連覇を狙った韓国は、日本に3-5で惜敗。最も重要な場面でのミスが致命傷となった。3-3の延長10回2死二、三塁。林昌勇(ヤクルト)はイチローとの勝負に向かい、中前に2点適時打を運ばれた。だが、ベンチの指示は「イチローとの勝負」ではなかった。

 金寅植監督の指示は「際どいコースのボールを投げて、うまくいかなければ歩かせる」。しかし、ベンチの意図は正確に伝わらなかった。サインを中継したのは、9回から守備に就いた23歳の控え捕手、姜●(=王へんに民)鎬。金寅植監督は「経験の少ない捕手で、作戦をきちんと理解できなかったのだろう。確かにベンチと捕手でサインの交換はしたのだが、混乱があった。はっきり敬遠を指示しなかったことが問題だった。イチローと勝負したのが敗因だった」と振り返ったが、そのツケは大きかった。

…なぜサインを見落としたのか?これはあくまでも勘ですがこのとき現場の選手たちはそれどころではなかったのではないでしょうかね。逆転されるかもという、緊張感そしてなによりもイチローを敵に迎えての絶好場面。なぜなら、イチローを封じることが出来れば流れは間違いなく韓国にきたと思います。ですが、結果は…
確かに、勝負は避けるべきだったでしょうが、おそらく韓国の選手はこの場面で敬遠とは思ったいなかったのではないでしょうか?イチローを押さえて勝利を得る。その心は韓国の選手たちのどこかにあったのではないでしょうか。
それに本当に敬遠したいのならもっと声を荒げるべきだったと思います。なりふりかまわず。
やはり、韓国にはイチローを倒して、俺達が勝つ!!!という感じが蔓延していたのだと思います。
このまさに今大会の一番のハイライトで競り勝ったイチロー。まさに神が降りてきたという他ありませんね。

人間は緊張の極限状態においていかなることをするかわからないといいますが、今回のこの事件は
そのいい例かもしれませんね。
その時、試合が動いた!という感じですね。

では、本日の名台詞。

「…舞い降りた天使だ…」 ジョン・H・ミラー大尉

解説:
本日の名台詞は、私がこの世界で一番演技力があると思うハリウッドスターのトム・ハンクスが主演した戦争映画の最高傑作の呼び声高い「プライベートライアン」にて、映画のラスト、彼が演ずるミラー大尉が増援としてあらわれ、タイガーを一撃で仕留めたP-51を見てつぶやいた台詞が本日の名台詞になります。
先も述べたとおり、私はトム・ハンクスをかなり尊敬しています。何度も言いますがハリウッドで一番すごい、尊敬すべき演技力の役者さんだと思います。
あの、水筒を持つ手が震えているところなぞ、ものすごいです。あんな演技ができる人を他に知りませんね。
彼のはもはや演技の域ではなくそのものになっていると思います。そんな彼がその力を見せつけたのがかの有名なアカデミー賞作品「フォレスト・ガンプ」
いやーこの作品は書いてるだけで泣ける作品です。人生とはなにか?その根底に迫る名作中の名作であると思います。
今でこそちょっと陰に隠れている感がありますが、フォレスト・ガンプこそ教育現場で見せるべき映画ではないでしょうかね。

2009-03-24(Tue)

感動の二連覇達成…

本日は、やはり~この話題なくして語れません。

列島に歓声こだま「イチローありがとう」…WBC連覇
2009年3月24日(火)15:48

(読売新聞)
 宿敵・韓国との激闘を制し、サムライジャパンが連覇の偉業を達成した。米ロサンゼルスで23日(日本時間24日)行われた第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝。

 今大会、互いに相手を2回ずつ倒し、5度目となった対決は延長戦にもつれ込んだが、最後はイチロー選手の勝ち越し打で世界一をたぐり寄せた。勝利の瞬間、選手たちは喜びを爆発させ、景気低迷に沈む列島でもあちこちで歓声がこだました。

 決戦の舞台となったドジャースタジアムには、日本からも大勢のファンが駆けつけた。イチロー選手のユニホームを着て応援したサンフランシスコ近郊に住む現地駐在員、山本和寿さん(48)は「これだけの重圧にもかかわらず、岩隈投手のコントロールは素晴らしかった」と活躍をたたえた。ロス市内に住む日系2世の大島スコットさん(33)は「因縁の対決。他の国とは全く違って、韓国には絶対負けられない」。

 米国勢調査局によると、ロサンゼルス都市圏に住む韓国人は約27万人で、日本人約14万人の倍近い。観客席のファンの数でも7割以上を韓国系の人たちが占めた。この様子に、カリフォルニア州サンノゼ近郊から応援に駆け付けた主婦今井智子さん(34)は「韓国の応援はものすごい迫力なので、選手も私たちも、それにのまれないようにしたい」と表情を引き締めた。

 サンフランシスコ近郊に住む韓国系アメリカ人のスティーブン・リーさん(39)は「今夜は単なる野球の試合ではない。国の威信がかかった戦いそのものだ」と強調した。
(ロサンゼルス、飯田達人)

…リアルタイム鑑賞になりました。このぐらいみて感動したのは長野の冬季五輪以来ですね~というくらいしっかりと見ました。まあ、最後の方がちょっと散歩リハビリに出かけていたので帰ってきてから結果は知りましたが、よかったです。最後ダルビッシュときいて危ないのではと思ったらやはりでしたが、そこはイチローがおいしいところを持っていきました。なんだかんだで彼もお祭り男かもしれませんね。
今回の個人的な影のMVPは…やはり城島でしょうか?彼のリードと的確な判断があったからこそ安心してみな投げられたのではないかと思います。
野村監督にはずいぶんといわれていましたが、そのことが彼の心に火をつけたのかもしれません。

世界一になった日本の野球。ですが、油断はできません。今度はそうはいかないとアメリカ、キューバも必死になっているでしょうね。とはいえ、今は歓喜に浸りたいものですね。
まあ、いずれにしても今回のWBCは感動しました。思わずバンザーイと叫んだ人も多いと思います。
感動を与え、そしてこのプレイをみて改めて羨望のまなざしと尊敬の念を野球少年に植え付けるのではないでしょうか。韓国の選手が、尊敬する選手として「イチロー」の名を挙げたのは今回びっくりしました。野球は国境を超えるということでしょうね。

では、本日の名台詞。

「地球連邦軍バンザーイ!!!」 テム・レイ

解説:
本日の名台詞は、このブログで実はかなり昔に登場した、いや三人目の名台詞者として登場した
テム・レイの晩年?の名台詞。サイド5宙域で行われたホワイトベースとコンスコン艦隊との戦いを見ていたテム・レイが、ホワイトベースが勝利した際に絶叫していた台詞が本日の名台詞です。
…すでに当時の面影はないです。可哀そうなキャラ筆頭にあげたいくらいですが、地味すぎる為却下ですかね。でも昔はすごかった人ですね。
ちなみに、このあと転落して死んだ?と言われていますが…かなり可哀そうな最後でした。
でも、バンザーイしながら亡くなったのである意味では幸せの絶頂でよかったのかもしれませんね。
2009-03-23(Mon)

懲りもせずに…やっちまったな~…

本日は、いい陽気でした。ので家の中から出でて今まで封印?されていた自転車を整備しなおしました。いやー一年も使っていないとあんなになってしまうのですね。というくらいツタやクモの巣がかかっていました。なによりタイヤの空気が全くないのです。
そこで、時間をかけて水洗い、グリスがけ、またチェーンの具合などを確認しました。
さて、そして乗ってみたのですが…いや、前輪のタイヤがおかしいのかそれとも私がただ慣れていないのかわかりませんが、ふらふら走行。乗りなれていないというのも要因でしょうが、前輪のタイヤのゴムからチューブまで一式変えないとだめかもしれませんね。
また、しっかりブレーキをかけて両足で止まることがなかなかできないのでちょっと危なかったりもします。
まあ、徐々に慣れるとしますかという感じですかね。

その後職場の方に電話をしました。昨晩通勤に使うバスを調べてみたところなんと出勤時間に間にあうバスが土日にないという衝撃の事実が…これはまずいと思い早速電話しました。
ダイヤの改正でこんなにも本数が減れられていたのかとびっくりしました。
早朝、そして夕方の一部の時間もまったくと言っていいほどない有様。都会並みにとは言いませんが…ここまでバスがないとは…あんなに料金がかかるのにねとぼやきたくなりました。

さて、本日の「やっちまったな~」というのは厳密にいえば昨日のことです。
何度も取り上げていますが…そうです、かの新作です。「ワルキューレロマンツェ~少女騎士物語~」
です。そして「プリンセスラバー!」のことです。
実は、私はヤフーオークションのアラート登録をしておりましてね、これは下手をしたら一日に100通近くメールが届くことがあるかもしれないのでちょっと大変な面もあるのですがとても重宝しているシステムなのですが、先日、早くも「ワルキューレロマンツェ~少女騎士物語~」の関連のものが出ていたのです。
ご存じのとおり。私は今や完全に引きこもり状態。そして無収入…そうです「ぷー様」です。
なのにも関わらず、早くもあてこんで大して迷いもしないで…いや、ちょっとは迷ったのですが早速オークションを始めてしまいました。やっちまったな~です。
ですが、後悔はしません。だって己が集めているというものですからね。コレクターはどんな逆境でも
コレクターであるべきだと思う訳です。

…ですが、先に計画どおりに予算を使わないといけませんが…くそ、コレクター魂が恨めしいぜ…
でも己が尊敬している人の作品やものは買うべきなのです!尊敬できる人をもつこれはとてもいいことではないでしょうか!そうです人を尊び、敬うことはよいことです。
そして、ゆくゆくは私自身が尊敬されるに値するような良きコレクターになりたいと思っています。

まあ、そんなところで本日の記事を。

犬のあだ討ち「子連れ狼に着想」、小泉容疑者が供述
2009年3月23日(月)15:01
 元厚生次官宅連続襲撃事件で、殺人容疑などで逮捕された無職小泉毅容疑者(47)の鑑定留置が23日、終了した。

 動機については、処分された飼い犬の「あだ討ち」と終始一貫し、妻を殺害した男らに 復讐 ( ふくしゅう ) する時代劇ドラマ「子連れ 狼 ( おおかみ ) 」に影響を受けたとも説明しているという。

 さいたま地検は、事件当時に責任能力はあったとする鑑定結果を踏まえ、拘置期限の26日にも、殺人罪や、元社会保険庁長官に対する殺人予備罪などで起訴する方針。

 捜査関係者によると、一連の事件について小泉容疑者は、「34年前、飼い犬を保健所に処分されたあだ討ち」と繰り返す一方、処分直後、「子連れ狼」をテレビで見て報復を思いついたとも説明しているという。

…ぐぬぬ…なんというやつよ…我が尊敬する、いや心酔している欣也さんをみて犯行を思いついたのだとしたら、許せんです。欣也さんの「子連れ狼」は私が時代劇で一番好きで、主題歌を空で歌え、
全部の話を網羅したぐらいのファンですが…おのれ…
それにしてもやらないのかな~「子連れ狼」…朝日テレビさんどうか一つよろしくお願いいたします。


では、本日の名台詞を。本日は子連れ狼より好きな台詞を。

「刺客…拝一刀…」 拝一刀

解説:
好きな台詞というよりかは決め台詞ですね。名台詞です。思わず「子連れ狼…」と続けてしまいそうになりますね。
さて、「刺客拝一刀」の依頼両ですが…なんと500両!!!今の価値にしても一回に5000万という超高額料金です。仕事人が下手をすれば一文で仕事をするのとは大違いです。
が、当然そのぶんスケールが違います。なにせ代官所に直接乗り込んだり、あるいは大名行列を
ぶった切り、かなりつよい武者を10人のしたり、柳生の刺客を、文字通り返り討ちと…その強さは半端ではないです。下手をすれば…上様の以上の強さです。
ああ…見たいぜ…子連れ狼…






2009-03-22(Sun)

ニート、ヒッキーに告ぐ…

本日は、病院に松葉杖を返しに行ってきました。いよいよ復帰まじかの緊張感が私の中を駆け巡りました。
で、そのあと職場に立ち寄って書類や、その他のことをしたのですが、その帰りにとあるものを見ました。
それは、R氏がとある方からもらったというものらしいのですが、あまりにも衝撃的なその内容は…現在その動画を探しているのですが…宇宙戦艦ヤマトの主題歌を勝手に改造して「ニートやヒッキー」のことを歌いあげていたものです。
さらば、職安…とか、親の制止を振り切って…など印象的なフレーズが続きました。
なんともいえず大爆笑をしてしまいました。
そして一言。
「いやー実際引きこもりはつらいですね。」そうですかなりつらいです。何せ引きこもりです。
よく耐えきれるというものですよ。ある意味では…尊敬しますよ。人間をやめたということでしょうかね?いやー尊敬ですね。
また、ニートというのも周りの意見も聞かずに我が道をいく、そして親がいるさーのこと。
いやー凄いですね。尊敬に値しますよ。
それもそうですがなにより養っている親が凄い。尊敬しますよ。
…と、ここまで書くと実際尊敬していないのでは?と思う方。そうです。正解です。
そりゃ、御金があれば引きこもりはいいかもしれませんがね。でも現実は厳しいですよ。
よほどの事情がない限り引きこもりになるべきでないし、親も精神病の疑いでももって医者に相談すべきでしょう。なにもしなくてはただいたずらに時は過ぎていきます。

では、本日の名台詞。

「時は金なり~タイム・イズ・マネー~」 ことわざより

解説:
解説というよりは、私の解釈を。それは時はお金では買えないので時は金なりでしょうが、
でもその時間を過ごすのには時として、御金が必要です。大量とはいいませんが、まったくないと本当に無駄な時間を過ごすことになります。
この言葉を使った人は偉いなとは思いますが、おそらくお金持だったのでしょうね。
時は金なりという言葉の端々からそんな感じがします。たとえは悪いかもしれませんが…今の総理みたいな感じの人だったのではないでしょうかね?

…ということで、始まったこの「Sプロジェクト」。私が復帰するその日までたぶん続きます。
なにかこう…またかみたいな感じがあるとは思いますが…どうかお付き合いくださいますようお願い申し上げます。
2009-03-22(Sun)

困った時のザク頼み!!!…

Sプロジェクトの第一弾として「ザク」関係の動画をアップ!!!
作った人間は神!と称されるのが言わずとしれたこの「ザクの襲撃」ですね。
それとちょっと切なくなる、動画をもアップ。思わず涙を禁じえねいですね。
では、重たいですがどうぞ!!!










2009-03-21(Sat)

ぬわ…ヌワンダッてー!!!

本日は、なんとも言えない衝撃が多い日です!!!
まず一つ。我がブログがまたもや怒りのブログに…いかん!!!これはSプロジェクトを発動しなくては!!!

さて、もう一つの衝撃…

我がブログが今なお絶賛応援中の「プリンセスラバー!」そのメーカーさんである「Ricotta様」が遂に
新作を発表しました!!!!!
その名もズバリ!!!
「ワルキューレロマンツェ~少女騎士物語~」
だそうです。

…ぬわんということだ…ということはまたあの日々が…ラグナロクいや…今回はそれ以上かもしれませんが…ラグナロクを超える…まさかね…超えたら何になるのだろうかな…
ちなみに全然関係ないとは思いますが、本日風呂場にて「ヴァルキュリー、ワルキューレ、とかいろいろ読みながあるがどう読んだ方がかっこいいか…」考えていたのです。
…本当に何にも関係ないですね…それにしてもいつもそんなことを考えている私って…やっぱ変態だな…つくづく。
2009-03-21(Sat)

かっこいいぜ…


2009-03-21(Sat)

闇夜に踊る仕事人…

本日は、わけもわからんタイトルで始まりました。いやー自分で言うのもなんですが、本当に、わけがわからんですね。
ここでひとつ。

「…水面に映りし幻の…華の匂いに誘われて…我が心に宿りし鬼もまた…黄昏より噎び泣く…」

実は、この歌は即興(というにはちょっと疑わしいが…)で考えたものです。歌を聴きながら。
この歌というのは今話題の「必殺仕事人2009」の主題歌である「鏡花水月」です。
下記にPVをアップしておきましたがかなり泣ける名曲のように思えます。事実、この間のオリコンチャートにランクインしていましたね。
最後にスタッフロールとともに流れるこの歌はまさにしびれます。
さて、必殺仕事人…あまりにも有名なこの時代劇ですが、実は時代劇ではないというのが監督の真の願いなのです。
仕事人は現代劇。そう今の世俗を反映させているのですね。なので見ていてとても面白いというか、普通に感動します。
この間なぞ泣きそうになりました。

その涙を誘う一つになっているのがなんども言っている気がしますが、この「鏡花水月」です。
今ではすっかり私の泣ける名曲として頻繁に聞いています。


では、本日の名台詞は仕事人ということで、仕事人の中から一番好きな台詞を。

「…俺はやるぜ!!!」 中村主水 

解説:
本日の名台詞は、旗本の次男坊などを中心とする江戸の町転覆を狙う組織に殺されてしまった少女の頼みにより、
仕事をすることを決意した主水さんが仕事仲間に力づよく宣言した台詞が本日の名台詞です。
本編中でもどちらかといえば飄々として仕事をこなす主水さんにしては珍しかたったので強く印象に残りました。
かっこよかったですね~このときの主水さんは最高に。必殺仕事人がここまでになったのは中村主水役の
藤田まことさんが仕事人にはまったいたからに他ならないでしょうね。今ではライフワークとなっています。
これからもぜひとも続けてほしいものですね。

2009-03-20(Fri)

本日は、R氏の誕生日です…

本日は、わがブログのメインコメンテイターを努めていただいているR氏の誕生日です。
いやー完全に個人情報なのですが、ブログペットの方から本日はR氏の誕生日です。という内容のメールが飛んできたので驚きました。もうそんな時分になるのですね~と感心してしまいました。
そういえば、前年のR氏の誕生日あたりはまあいろんなことがあった気がしますね。でも、実際問題はあったいうまで、今のようになにか大きな出来事が起きて、ずっと自宅にいるという環境を経験してみて改めて時の流れというものを感じました。
ずっと自宅にいると、感じないのが世の人の心というやつです。実際に浮世に出てみないと生の声は聞こえてきません。
そんな中でR氏のブログは外界との唯一のかかわりです。だからとてもありがたいものです。
この数か月、R氏のブログによって世の人の動向がわかったと、理解できたという感じです。
R氏のブログによって私は自分は外界から完全に孤立したわけではないと希望がわいたのです。

では、本日の名台詞。

「ようやく…ジャブローか…」 ブライト・ノア

解説:
本日の名台詞は、激動の道のりを経てようやく本来の目的地のジャブローにたどり着いたホワイトベースと、その道中の激闘に想いを馳せたブライトが意味深につぶやいたのが本日の名台詞です。
孤立無援で、マチルダさんをも失ったホワイトベースにとってこのジャブローは本当の意味で帰ってきたという場所ではないでしょうか。今までは明日をも知れぬ。が少なくともここにいる限りには安心だとだれしもがそう思ったのでしょうね。
外界から遮断されるのは苦痛なものですよ。自分では行こうと思っても行けれない現実がのしかかったくるのです。そんな言いようのない孤独をホワイトベースは抱えていたのではないかと思います。
一にも二にも人は人なしでは生きてはいけないということでしょう。
2009-03-19(Thu)

!!!祝アニメ化!!!

本日は、国民の皆様がWBCの結果に喜んでいます。私自身リアルタイム自宅アンド病院からので燃え上がったものです。
が…私の本日の内容は昨日未明に発覚した驚愕の新事実です。
そう…アニメ化です。なんと「プリンセスラバー!」こと「プリラバ」まさかのアニメ化…
いや、アニメ化するんじゃねえと冗談半分で思っていましたがまさか本当に!!!
ということです。いやーここまで加熱してしまうとはね…正直びっくりです。
バンザーイ!!!バンザーイ!!!プリンセスラバー!!!!!
…でも、なんとなく複雑なこの思い…お分かりいただけると幸いです。自分が好きな作品がアニメ化とか映画化とかされるのは名誉なことであり、ファンとしてもうれしい限りです。
が…なんとなくさびしくなるのは私だけでしょうか…春近し隣はなにをする人ぞ…せつなさがこみあげます。昨晩もなんとなくもやもやした思いになりましたね。
ちなみに地上波というか全年齢対象のようです。
ブームはまた来そうな気がします。げにおそろしきはアニメなり…

さて、そんなこんなで本日の名台詞。本日はプリンセスラバー!アニメ化なのでその関連の台詞を。

「本当の意味でのお姫様というのはこの女性だけだけどね?なんでプリンセス?ラバー??他の女性はあまり関係ない気がしますけどねぇ。だって貴族の娘に、同級生に、メイドさんでしょ???」
「まあ、店主。女の子はみんなお姫様ということでしょう。それでいいではありませんか!!!」

解説:
まず、一番上がお世話になっている店の店主の台詞で下がそれに答えた私の台詞です。
そうです、下記の台詞は持論ですが女性はみなお姫様です。人間は誰しも心に変態を飼うものであるのと同じということです。
ちなみにですが、プリンセスつながりでかの我が気になっている「小公女セーラ」ですがかなりいい話ですね~。最後はハッピーでよかったよかった。いじらしいとはまさにあのことでしょう。
真のお嬢様とはまたお姫様とはなにか…とあの作品は言っているみたいですね。

さて、わがブログは超弱小ブログですがプリンセスラバー!の普及に日夜努めてまいりました。
が、アニメ化すれば一瞬で広まるでしょうね…いやいいのだ毎日の積み重ねなのだ!!!
千里の道も一歩から。ローマは一日にして成らずです。
2009-03-18(Wed)

ライバルとは…

本日は、日本が韓国に負けてしまいました…今度はキューバですね。
ということで事後処理みたいなもんですがこの話題から。

侍ジャパン敗者復活に望み、韓国4強入り
2009年3月18日(水)15:32

(読売新聞)
 韓国4-1日本(WBC2次ラウンド2回戦=17日)--韓国が序盤の猛攻で主導権を握り、日本を振り切って準決勝進出を決めた。

 日本は18日(日本時間19日)の敗者復活2回戦に回り、4強入りをかけて再びキューバと対戦する。

 韓国は一回、先頭の李容圭の安打を足掛かりに盗塁、内野安打など小技を絡めて3点を先行。八回には押し出しの四球で1点を加えた。

 投げても、先発左腕の奉重根が粘り強い投球を披露し、日本に試合の流れを渡さなかった。

 日本は先発・ダルビッシュの不安定な立ち上がりが誤算。打線は再三、先頭打者が出塁したが、五回無死一、二塁から1得点に終わるなど、つながりを欠いた。

 韓国は19日(同20日)、日本-キューバの勝者との1位決定戦に臨む。

…う~む韓国と四戦というコースが濃厚そうですね。四戦したのなら文字通り宿命のライバルということになりますね。もはやなにもいうことはありません。ただ全力を尽くしていただきたいものです。

では、本日の名台詞。

「それでこそ私のライバルだ!アムロ!」 シャア・アズナブル

解説:
本日の名台詞は、逆シャアにてアムロとシャアの最終決戦の際にシャアがアムロをほめたたえた際の台詞が本日の名台詞です。
歴代屈指のライバルどおしであり、アニメの中でもベストオブライバルに毎回ランクインされるほどの宇宙世紀史上、最強のライバルです。
数々の名場面を生みだしてきましたこの二人ですが、最後は文字通りの殴り合いでした。感情がぶつかりあうこれこそが勝負だと認識した名場面ですね。
2009-03-17(Tue)

毎日いろいろあるものだ…

本日は、午前中は雨でしたが午後には晴れ渡ったりましたね。
さて、本日の話題はR氏が取り上げていた話題です。そう一週間です。

以下がそのサイト様からの抜粋になります。
1. 一週間の謎 010804
--------------------------------------------------------------------------------

一週間
ロシア民謡 訳詞 音楽舞踊団カチューシャ

日曜日に市場に出かけ
糸と麻を買ってきた
テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ
テュリャテュリャテュリャテュリャリャリャー
月曜日にお風呂をたいて
火曜日にお風呂に入り
水曜日に友達が来て
木曜日に送っていった
金曜日は糸巻きもせず
土曜日はおしゃべりばかり
恋人よこれが私の一週間の仕事です
テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ
テュリャテュリャテュリャテュリャリャリャー



ロシア民謡として知られるこの歌は一般的にロシア娘の呑気さを歌ったものと言われる。しかし、実は多くの謎が提示されている疑問の多い歌である。

この歌に接した時、誰もがまず思うのは、一週間の仕事と歌いながら実際には、金銭を対価とした労働を全く行っていないことである。糸と麻を買う資金はどこから捻出されたのであろうか。ロシア皇帝の遺産か? この疑問についてはおいおい謎がとけるであろう。

また、次によく指摘されることであるが、不可思議なことに、月曜日にお風呂をたいているにもかかわらず、月曜日に入らない。湯冷めするではないか。厳寒のロシアである、下手をすればお湯が冷めるどころか氷が張ってしまうことも考えられる。命に関わる問題である。

これにはいくつかの可能性が考えられる。例えば、下女説である。この歌の主人公は、高貴な御方に仕える下女であり月曜日に焚いたお風呂は高貴な御方が入る。主人公は残り湯しか使わせてもらえない。この仮説では、最初に指摘された金銭を対価とした労働をしていないという理由を説明できる。ここでは結論を保留して、他の可能性を考えてみよう。

主人公は、下女でなく一般的な生活者であると仮定すると、二日に分けて入浴するというのは明らかに不自然である。そこで、深夜にお風呂を焚いて、12時を越えた後に入浴したと言う可能性を検討する。この場合、矛盾は無くなったように見えるが、もっと根本的な疑問「何故、一週間に一度しか入浴しないのか?」がクローズアップされる。恋人がいる妙齢の女性ならなおさらである。ここで、更なる疑問が提示される。この歌の主人公は本当に女性なのか? 歌詞を表面的に聞いたとき、糸と麻を買い、糸巻きをする人は一般的には(特に帝政ロシア時代には)女性であると言ってよいであろう。言ってよし。しかし、歌い手は明言している「糸巻きもせず」。糸巻きしないのである。更に決定的な言明がある。歌い手は「市場で糸と麻を購入した」とアリバイを主張しているが、

日曜日には市場は閉っているものである。

そう、歌い手は嘘をついているのである。では、この歌はまったくのデタラメで検討に値しない歌なのであろうか。

この歌は最後に「恋人よ」と呼びかけている。実際に恋人に呼びかけることを想像してみるがよい。名前や人称代名詞やニックネームで呼ぶのが普通である。「恋人よ」と呼びかける場合は「目の前に当人がいない時」に限られる。別れてしまった恋人や、遠いところにいる恋人に、直接は声が届かないときに使用されるのである。何故会えないのであろうか。これだけ仕事もせず暇そうなのに。

考えられる理由は一つ。「牢獄に入れられているからである。」

歌い手は市場が開いていない日曜日に市場で買い物をした、と主張している。これは、闇の市場を示しているのである。闇の市場で購入する麻=大麻である。つまり日曜日の行動はこう解釈するべきである。

日曜日に闇の「マーケット」での大「麻」の取り引きを裏から「糸」を引くことを「かって」出た。

なんと、この歌い手の正体はロシアマフィアであったのだ。

もちろん歌い手は、裏では大麻取り引きをおこなっているが、表の顔としてカモフラージュのための商売をしている。これが実は風呂を使用できない理由である。他の日には浴槽を使用できないのである。一週間で収穫できて、日当たりの悪い浴室で栽培できるもの、以上の条件を満たすものを推理すると、カイワレダイコンの栽培を表のビジネスとしてやっているのである。一週間で収穫して出荷、浴槽を清掃しやっとお風呂に入れるのであろう。風呂から上がったらすぐに種まきである。表では青年事業家、裏の顔はロシアマフィア。彼は男性であろう。なんと、一週間の歌の主人公は男性であったのだ

水曜日に友人が来て、泊まって帰っていった。これはあまりにも漠然としてして状況を特定しずらい。毎週水曜日に泊りがけで遊びに行くことができる人。すなわち毎週木曜日には仕事を休む人である。定休日木曜の職業とは? そう、医者である。医者とロシアマフィアの癒着…。麻薬の横流しであろうか、臓器密売の打ち合わせであろうか。想像するだに恐ろしい光景である。

さて、問題の金曜日である。金曜日は本来、糸を紡ぐ日であることを主張している。しかし、歌い手は月曜日に糸を買うはずである。糸を買う人は、糸を紡ぐ必要はない。この歌詞も裏の意味があるのである。糸巻きを「せず」である。「糸を紡ぐ」というのはロシアでは慣用句として字義以外の意味を持つ。糸を紡ぐ時には手は忙しいが、口と頭は暇である。即ち、「無駄話をする」という意味を示す。日本語で言う「油を売る」と似たような意味である。ロシアマフィアが無駄話をする。これは「官憲に捕らえられ、口を割る」ことを示している。

金曜日は糸巻きもせず=金曜日は黙秘を貫いたが
土曜日はおしゃべりばかり=土曜日には口を割り、仲間をサツに売ってしまった。

最後に「恋人よ」と呼びかけているのは、恋人に対し、「私はロシアマフィアの沈黙の掟を破ってしまった。君にロシアマフィアの手が伸びるかも知れない。逃げなさい。」と伝えているのである。

ロシアマフィアの沈黙の掟を破った歌い手とその恋人の運命やいかに!?

というところでこの歌は終っている。残念ながら本考察もここで終了である。


…さて、ここで私の推理を一つ。この歌は確かに変ですね…でも私の推理は違います。
実は、この男性でも女性でもどちらでもいいのですが実はテロリストの歌だと思います。
今やテロリストといえば中東やアフガンなどを思い浮かべてしまいますが、実はテロルというロシア語がごげんなのです。ということなので本当の意味でのテロリストはロシアなのですが、ロシアでテロが
起こったのは簡単にいえば王政に対する不満の爆発ですが、のちには国家転覆になるのです。
王政を打破するために行動を起こしたいが広いロシアでは一斉にというのがなかなか難しく、またこのときロシアは本当に弩田舎国家でしたので、まだ西洋の啓蒙思想が民衆に広まっていません
ということで、武力によって王政を潰すというのがテロルでありそれを行うのがテロリストです。
ここまでが基本情報です、これをもとにいよいよ私なりの推理を発表します。

まず、日曜日に買いものですが、この内容は糸と麻。これ自身は特に違和感がありませんが…
次の月曜日のお風呂と火曜日に入ること…これがおかしいですね。
ですが、こうとらえるとどうでしょう?お風呂とは…爆弾のこと。そう月曜日は爆弾づくりです。そしてそれを火曜日に使ったということです。
それならば麻というのは爆弾をつつんでいた火薬のことで糸は導火線です。また日曜日は上にもあるとおり休日です。つまり市場というのは仲間のことでは。
そして、友達がきて翌日送っていった…つまりはそういうことです。同志が来てその同志と一日スケジュールを詰めて翌日に返す。ということでは。
では、金曜日の糸巻きもせず…ここではこの人が糸巻きもせずということです。一見さぼっているみたいですが、実は糸巻きもできなかったということでは?糸巻き…つまり導火線づくり…それすらもできないということは警察機構の取り締まりがあったということでしょう。
そして翌日に同志と話し合う…
そして最後の恋人は…つまりはボスもしくは同志たちのことで最後の一文に自分たちの一週間の活動の記録がこれであると報告しているのです。
さて、もう一つはなぞのかけごえ…テュリャですが…これは導火線に火がついた時さいのあの音…
を表しているのでは?
…以上が私なりの推理です。実はこの推理は当時教えをいただいていたとある人の仮説をもとにしているのですが…はたして根拠はあるのかどうかはわかりませんが…十分考えられると思います。
いずれにしても古今東西の民謡というのには隠された意味があるというのは間違いないと思います。

では、本日の名台詞。

「天誅~~~!!!ネオ・ジオン万歳!!!」 ネオ・ジオンのテロリスト

解説:
本日の名台詞は、フィフスルナを止めようとしたレーザー攻撃を封じ込める為に、その砲台を爆破した
テロリストが襲撃したさいに発した台詞が本日の名台詞になります。
しかし、天誅~~~~…というのはいかにもですね。まあ解りやすいですが。
それにしてもネオ・ジオンにくみするテロリスト、もしくはネオ・ジオンの工作員が襲撃するということは
それだけ連邦軍に危機感というかなにかが足りないのかもしれません。
確かにテロリストとを封じ込めるのは至難でしょうが、この行動を見る限り連邦軍がテロを未然に防いでいるかどうかは微妙なところです。おそらく、テロ分子が多すぎて取り締まりにも限界があるのだとおもいます。それほど連邦政府は嫌われているのですね。
2009-03-16(Mon)

三度目の正直…

本日は、なんといってもこの話題ですね。

韓国がメキシコに圧勝、三たび日韓戦…WBC
2009年3月16日(月)16:02
 韓国8-2メキシコ(WBC2次ラウンド1回戦=15日)--韓国が一発攻勢で、メキシコに逆転勝ちした。

 メキシコは二回、オヘダの2点適時打で先制したが、韓国はその裏、李机浩の左越えソロ本塁打に敵失をからめて同点。さらに、四回には主砲金泰均、五回は鄭根宇にソロ本塁打が飛び出し、2点を勝ち越した。七回には金泰均の2点適時打などで一挙4点。投手陣は小刻みに継投し、メキシコの反撃を封じた。

 韓国は17日(日本時間18日)の2回戦で、準決勝進出をかけて、日本と対戦する。

…いやーまさかキューバに勝てるとは…しかし何の因果かまたまた韓国戦です。
三度目の正直となってもらいたいものですね。でも我が兄の台詞ではありませんが「WBCは日本対韓国がメインだな」とつぶやきたくもなるものですね。

では、本日の名台詞。

「忘れもしない…あの機体は…」 コウ・ウラキ

解説:
本日の名台詞は、シーマのゲルググと再選した際に一度敗れたウラキが、言い放った際の台詞が本日の名台詞になります。
いやーそりゃぼこぼこにつまりフルボッコにされたんですから恨みもこもっているというものです。
が、もともとはウラキが命令違反というか宇宙に対応できていないのにもかかわらずいさんで飛び出すからああいうことになったのかもしれませんが…でもウラキがあの時出ていなかったらひょっとしたら
アルビオン隊はかなりやばかったのかもしれません。スタンドプレーですがあのシーマを抑えたということでは評価されるべきかもしれませんね。
2009-03-15(Sun)

そんなことがあるものなのか…

本日は、なんとも恐ろしい話題と言えば話題ですが…まさか現実の世界で起こりうるとは…


9歳少女に中絶手術、医師を大司教が「破門」…ブラジル
2009年3月15日(日)02:44
 【リオデジャネイロ=小寺以作】世界最大のカトリック人口を抱えるブラジルの北東部ペルナンブコ州で、義父に 強姦 ( ごうかん ) され妊娠した少女(9)が今月初旬、中絶手術を受けたところ、カトリックの大司教が、中絶に同意した少女の母親と担当医らを破門した。

 医師側は「少女の命を守るため」と反論、大統領も巻き込んだ大論争となっている。

 地元紙によると、少女は同居する義父(23)に繰り返し性的暴行を受けていた。2月下旬に腹痛を訴えて母親と病院に行くと、妊娠4か月と判明。医師は、少女の骨盤が小さく、妊娠を続けると生命にかかわると判断し、今月4日に母親の同意を得て中絶手術を行った。

 ブラジルでは、強姦による妊娠と、母体に危険がある場合、中絶は合法だが、ジョゼ・カルドーゾ・ソブリーニョ大司教は「強姦は大罪だが、中絶はそれ以上の大罪」と述べ、教会法に基づいて医師らを破門。これに対し、ルラ大統領は「医学の方が正しい判断をした。信者の一人としてこのように保守的な判断は残念」と大司教を批判した。

…いや…9歳って…9歳ですよ!!!いやー…恐ろしい…ぶるぶる…それにしても9歳で妊娠するんですね…でも考えてみたというか、昔テレビで言っていましたが、石器時代の人類の平均寿命は12歳と言っていましたから、妊娠はするのですね。とはいえ命がけにというか引き換えになるでしょうが…
私としては医者の判断は極めて的確であると思います。いや医者もびっくりしたでしょうね…
当然のことだと思いますけど…まあ宗教的にはしょうがないといってもね…そりゃ命を大切に思う心は大切でしょうし、大司教の見解もわからんではないですが…ちょっとかけはなれていますね。
おそらく日本では道徳的な見地から医者の意見を支持する人は多いと思いますが…
お国柄ではすまされないこの事件。なんとも恐ろしいものです。

では、本日の名台詞。

「あれ奥さんじゃないんでしょ?」 連邦兵

解説:
本日の名台詞は、パラヤ一家が引っ越す際にというか逃げ出す際にアデナウアーが連れていった女性が愛人であることを知っていると思われる連邦兵が思わず発した一言が本日の名台詞になります。ちなみに娘のクエスが父親に愛人がいたのを当然のように知っていたのですからかなり荒れた
家庭環境にあったようですね。親が親なら子も子という結果になってしまったのがこのパラヤ一家ですが、奥さんがどんな人物なのかは語られていません。
おそらくすぐに離婚したか別居したのでしょうね。良くも悪くも環境次第ということです。クエスのゆがみ曲った心を作ったのは間違いなく両親でしょうね。
2009-03-14(Sat)

チュンチュンと朝の風物詩…

本日は、なんと!な話題を。言われてみればそうなようなそうでもないような…でも確実に減っていると思われる事柄です。

【コラム】 50年前の1/10ってホント?スズメ激減のナゾ
2009年3月13日(金)17:04
「スズメの国内生息数が50年前の1割に減少」というニュースを読んだ。言われてみれば、最近彼らの姿を見かけない。朝の「チュンチュン」も聞こえない。

これを発表したのは立教大学特別研究員の三上修さん。彼は2008年5月に秋田、埼玉、熊本の3県でスズメの巣の分布密度を調査、そこから国内の生息数を推算した。その結果、国内には約1800万羽のスズメがいることがわかったという。それでも人間の数の7分の1。本当に減っているの?

「環境省は有害鳥獣としての駆除捕獲数を、農林水産省は農作物の被害面積を公表しているんですが、1960年ころの駆除捕獲数は現在の30倍、農業被害面積にいたっては60倍。こうした数字を考え合わせると総数は50年間で10分の1、あるいはもっと少なくなっている可能性があります」(三上さん)

では、なぜ減ったんでしょうか?

「あくまでも推測ですが、住居の近代化で巣を作る場所が減った、エサをとる場所である未舗装の小道や公園・空き地が減ったことなどが原因だと思われます」(同)

一方で、スズメ減少はこんなところにも影響。京都の伏見稲荷大社参道で大正時代から続く名物、「スズメの焼き鳥」を売る店が絶滅の危機に瀕しているのだ。背景には中国産スズメの禁輸と高齢化による猟師の減少があるが、残る2店のひとつ、国産スズメのみで販売を続ける「稲福」社長の本城忠宏さんは「個体数の減少」も大きいという。

「いま確保できる量はピーク時の3分の1。息子の代にはメニューから消えているかもしれません」(本城さん)

猟期は11月から2月にかけて。稲を刈り終えた田んぼに「無双網」と呼ばれる専用網を仕掛け、おとりとして網の中央に生きたスズメを置くらしい。

「スズメは警戒心が強いので、網の張り方ひとつにも長年の経験が必要」(同)というから、後継者不足は深刻だ。

…いやー減少しているのでしょうねたぶん。でも我が家には結構雀が来るものですが…う~むでもそう言われてみれば最近我がピーちゃんの食べた餌を捨て柄を外に捨ててもスズメは来ませんね。
以前はピーちゃんと会話するかのごとくにチュンチュンいっていたものですが。
でもスズメは減っていますが何かは増えているのでしょうね。カラスなぞは疑いたくなりますが…
我が家の周囲にいっぱい集まることがあります。昨日なぞ窓の外に大軍が見えたのでびっくりしてしまいました。
自然のバランスはもろいものです。雀の話題は大変心配なことです。

では、本日の名台詞。

「地球の環境のことなぞ考えずに…」 クワトロ・バジーナ

解説:
本日の名台詞は、ジャブローの地下に核がセットされていることをしったクワトロが思わず漏らした一言が本日の名台詞になります。
本来地球に住んでいないスペースノイドであるクワトロが地球環境のことを心配しているとは皮肉なものです。また地球に育ったアースノイドであるジャミトフはいとも簡単にやってのけました。
地球環境のことを考えてというよりも彼の中にはなんとしてもエゥーゴをせん滅する方が大切と思ったのでしょう。ですが、結果としてこの行為は大きな目で見ればティターンズの求心力を低下させる結果となりました。地球にやさしく。それがガンダムならびに現代社会のキーワードかもしれませんね。
2009-03-13(Fri)

いったい何が起こったのか…

本日は、訳あってパソコンを起動したのが夜遅くになってからでした。
さて、たちあげてみると…なんとインターネットエクスプローラーが動かない…動かない…
う~むと思い再起動すべく試みるもダメでした。というのでしかなく電源を直接きり、セーフモードで立ち上げました。
いったい何が起こったのか…と疑ってしまった本日の話題はこちら。

カーネルさんに24年ぶりの眼鏡…鯖江市などがプレゼント
2009年3月13日(金)07:27

(読売新聞)
 大阪・ミナミの道頓堀川で発見されたカーネル・サンダース人形の眼鏡が、行方不明になっていることから、眼鏡産地の福井県鯖江市と県眼鏡協会は12日、新しい眼鏡を贈ることを決めた。

 この人形の眼鏡を作っていた同市内のメーカーに同じ品の部品が残っており、製品の提供を受けた。

 日本ケンタッキー・フライド・チキン(東京)は「ぜひ受け取り、24年ぶりにかけてあげたい」としている。同社によると、全国のカーネル人形は数年前まで、このメーカー製の度が入った老眼鏡を使用。川から見つかった人形も同じものをかけていた可能性が高いという。

…さてさて、私は残念ながら阪神ファンではないので言わせてもらいたいものですが…よくもまあ投げ飛ばして川に入れてしまったものですね。やっていいことと悪いことがありますよ。さて、これを境に
阪神は日本一から遠ざかったので呪いと言われていますが…そりゃあ呪いたくもなるでしょう。
と思います。とはいえ無事に見つかて何よりです。
しかし、何を考えていたのでしょうか?気持はわからなくもないですが、そこまで熱狂してしまうのも考えものです。別段これは阪神ファンに限ったことではないのですが、熱狂して暴徒と化してしまっては元も子もありません。しっかりと思慮分別をもった行動をファンもと思います。
まあ…何度も言いますが気持はわかりますよ。

では、本日の名台詞。

「なんで出てくるんだよ!!!」 カミーユ・ビダン

解説:
本日の名台詞は、フォオの乗るサイコガンダムを追いかけようとした際に海の中から現れたハイザックに邪魔をされたカミーユが激怒して打ちのめしたさいに発した台詞が本日の名台詞です。
人の恋路を邪魔しやがって!というのがカミーユの心境でしょうが完全なる八つ当たりです。
事実このハイザックはあっさりとやられてしまいます。なんとも不運なパイロットというのがこのハイザックのパイロットでしょう。絶好の機会と思ったのに…結果としては火に油を注いでしまったということでした。
それにしても、あの宇宙世紀の海の環境は劣悪でしょうね。なにせMSが泳いでいるのですからね…
海汚すな!と画面の向こうから呼びかけたくなります。
海は生物の始まりの場所です。大切にしましょう。
2009-03-12(Thu)

グギャー!!!薬を…

本日は、お日柄も大変よかったのでリハビリも兼ねてと思い大規模な部屋の掃除に乗り出しました。
が…とんでもないことが。それは、私の負傷している右足の親指の爪を誤ってぶつけてしまったのです。それも傷口を直撃。
そろそろ薬とばんそうこうをしなくても大丈夫だろと高をくくっていたのです。それがものも見事にはねっ返ってきました。いやいや…油断大敵でした。
あまりの痛さに思わず叫びそうになりましたが、なんとか我慢してひいひい言いながら薬を幹部に塗りぬり。今度は赤十字でおなじみのあの赤い十字の薬を塗りまくりました。そしてばんそうこうをしっかりと貼り付けました。

なんとか作業は無事にすみましたが痛かったですね~いやいやいい運動にはなりましたが思わぬ場面で冷や汗をかきました。

ということで本日の記事はこちら。

イッセー尾形緊急入院、急性アレルギー反応
2009年3月12日(木)08:00
 一人芝居がライフワークの俳優、イッセー尾形(57)が、東京・西葛西の自宅で皮膚病の薬を服用後、急性のアレルギー反応で緊急入院していたことが11日、分かった。

 所属事務所によると、10日午前10時すぎ、薬を1錠服用すると、動悸(どうき)などの症状が出て、救急車で搬送。一時入院した。


 診察の結果、特定の薬物や食物、ハチに刺されたことなどが原因で起こり、最悪の場合は死に至る「アナフィラキシーショック」の疑いがあるという。


 “九死に一生”を得た尾形はその後、回復し11日朝に退院。12日から仕事を開始する。14日にさいたま市で行われる「イッセー尾形のこれからの生活」にも出演予定だ。

…ええ、このアレルギー反応なんですが、実は私も入院検査を受ける際に飲まされた薬が合わなかったのか思いっきりはいてしまったことがあったのです。幸いすぐに事なきを得ましたが…アレルギーというのは怖いです。
ちなみに、私は目立ったアレルギーはありませんが、メロンを食べ過ぎると耳がかゆくなります。
メロンをはじめとする瓜化のアレルギーみたいですね。
とはいえメロンやスイカなどはめったに食べないのでなんにも心配いりませんが。
食べれないというのもつらいものです。また、衣服のアレルギーもつらいですね。

では、本日の名台詞。

「ニンジンいらないから…うわ!」 コウ・ウラキ

解説:
本日の名台詞は、ただ単にニンジンが嫌いなのでニンジンはいらないと断ったら逆にコック長の怒りをかい、ニンジンをしこたま盛られたウラキの台詞が本日の名台詞になります。
ニンジンは体にいいのですよ。ですが、ニンジンはピーマンと同じく子供から嫌われる率が非常に高い
野菜です。ニンジン、ピーマン、キャベツは確か児童の必須野菜として扱われている筈ですが、以外とそれが嫌いな人もまた多いのですね。大人になってもニンジンが嫌いだったりしますから好き嫌いそのものは誰にでもあるでしょうが、それはアレルギーとは別次元です。
ちなみに、私は干しブドウがいまいち。それ単体はいいのですが、昔学校給食に干しブドウとキャベツのあえものが出てきまして…それ以来あまり食べないようにしています。
多くの好き嫌いの場合はどうやらトラウマに近いものがあるものだと思います。ちなみに干しブドウもキャベツもしっかり食べれますのであしからず。やはり合わせ方の問題だと思うのですが…

2009-03-11(Wed)

安くて使えるものなのか…

本日は、桜前線が早まったことがニュースになっていました。地球温暖化ですね…とまあ、そんな感じの本日の話題はこちら。

中国の兵器ビジネス、主力は新型戦闘機…1500機輸出へ
2009年3月11日(水)18:44
 【北京=佐伯聡士】中国は、国産の新型軽戦闘機「 梟竜 ( きょうりゅう ) 」(パキスタン名・JF17)42機をパキスタンに売却し、同国と共同生産を進める契約に調印した。

 同国軍は、将来的に計250機まで増やす計画で、世界にも1500機が輸出される見通しだ。地対空ミサイルなどと合わせて、中国のアジア、アフリカ、中東向け兵器ビジネスの主力となりそうだ。

 中国の国際問題専門紙「環球時報」によると、3月7日にイスラマバードで調印された契約額は10億ドル(1000億円弱)で、中国の兵器輸出では過去最高額。パキスタンは、中国の銀行からの借款で購入し、分割返済するという。

 梟竜は、1992年から中パの共同開発が始まり、2003年8月に初飛行に成功、量産態勢の準備が着々と進んでいた。

 中国は1970年代から戦闘機の輸出に乗り出し、これまで、パキスタンやエジプト、バングラデシュ、ナイジェリア、ナミビアなどアジア、アフリカ、中東諸国を中心に、「殲7」戦闘機を600機以上輸出してきたとされる。こうした国はいずれも後継機を必要としており、今後、梟竜の主な輸出先となる可能性が高い。価格は米国のF16戦闘機の3分の1程度という。

 同紙は、パキスタンの軍事分析筋の予測として、将来的に輸出される1500機のうち、北朝鮮がパキスタンに次いで多い200機を購入すると伝えている。パキスタンでは、梟竜の量産に着手するほか、来年には中国から空中警戒管制機も購入する計画という

…という訳で軍事支出がうなぎ昇りの中国話題です。中国製は安かろうということで世界に通用しています。それは軍事面でもそうなのですね。なんでも安ければ需要があるということです。
とはいえ、性能的にはまだまだ…とも言いきれないのが最近の中国の怖いところです。
日本も真剣に中国に対する対策を強化しなければいけない時期に立たされていると思うのですが…

では、本日の名台詞。

「それが企業ってやつだもんな」 アムロ・レイ 

解説:
本日の名台詞は、逆シャアより。アナハイムの月工場でネオジオンのMSも作っていると声を荒げる
チェーンに答えたオクトバーさんの台詞にアムロが反した台詞が本日の名台詞です。
企業はもうかるのが第一です。それは間違いないでしょう。とはいえ兵器産業というのは普通の企業とはちょっと違います。兵器というのは突き詰めれば人殺しの道具です。ですが、それが必要なのもまた事実。そして日本刀がそうなように好きなものが出てきます。
私自身兵器自身はとても好きです。とはいえその目的を思うと悲しげですが…
ですが、兵器産業というものは国を大きくしたり復興したりするのもまた事実。日本の特需しかり、また第二次大戦のアメリカしかりです。戦争という形で需要が生まれるからもうかる。
人間というものは何と因果でそして悲しい生き物ではないですか。そんなことを考えてしまいますね。
まあ、何事も使い方だとは思うのです。
2009-03-10(Tue)

事故には注意しましょうね…

本日は、暖かな春の陽気になりました。春近し、隣は何をする人ぞ…

さて、そんな穏やかな本日の話題はこちら。

高田純次さん、バイクの男性はねる
2009年3月10日(火)12:51
 タレントの高田純次さん(62)=東京都目黒区=が10日午前1時半ごろ、乗用車を運転中、同区中根2丁目の区道交差点でバイクと衝突した。バイクに乗っていた男性(19)は肩を打撲する軽いけがを負った。

 碑文谷署によると、現場は信号のある交差点。高田さんが交差点を右折する際、直進してきた対向のバイクと衝突したという。同署は、高田さんが前をよく見ていなかったとみており、自動車運転過失傷害の疑いで書類送検する方針。

…さてさて、この自動車運転過失傷害ですが…実はかくいう私もその罪に今回問われそうになりました。責任割合によって決まるみたいです。まあ私の場合もこちらの不注意が最大の要因だったので
罪に問われましたが…幸いこちらのけがの方が大きく、また特に目立った違反も今までなかったためにたぶん穏便に処理されるとのこと。相手方の罪が軽くて何よりでした。
まあ、その分のダメージが計り知れなかったわけですが…

高田さんも相手が無事でよかったです。原付で事故すると半端なく痛いですからね…そりゃもうギャーのレベルをこえています。骨折でもすればもっと痛いですしね。

ちなみにいまの私は罪に問われはしませんが大幅な減点なので今後は乗るときはかなり注意しないと免許停止になりかねません。という訳で皆様事故には十分ご注意を!!!

では、本日の名台詞。

「悪いけど曲がれそうにないね…」 シーマ・ガラハウ

解説:
本日の名台詞は、シーマの乗艦リリーマルレーンがあわやガトーのいるペールギュントにぶつかろうという際に彼女が発した台詞が本日の名台詞になります。
いやー…軍艦同士の激突事故というのはかなり悲惨な結果になるものです。事実、日本海軍も
ぶつかって大破してしまった事故があります。
強引に突っ込んでいったのはガンつけです。すべて回避できるであろうことを予測していたのですが…流石のガトーも肝をつぶしたでしょうね。いやいやおっかないですね。
2009-03-09(Mon)

本当に本日の話題…

本日は、タイトル通りの本日の話題です。
今日は家族がみな休みだったので午後のワイドショーを見ました。遅めの昼食をとりつつ目についたのがこの話題でした。

一家、入管に出頭の夫収容…妻は仮放免期間を延長
2009年3月9日(月)13:40

(読売新聞)
 不法入国で強制退去処分が確定した埼玉県蕨市のフィリピン人、カルデロン・アラン・クルズさん(36)一家が法務省に在留特別許可を求めていた問題で、東京入国管理局は、拘束を猶予される仮放免の期限となる9日、出頭したアランさんを入管施設に収容した。

 妻のサラさん(38)は仮放免期間を16日まで延長されたが、中学1年の長女、のり子さん(13)と打ち合わせをした後、再び出頭することになる予定。のり子さんの今後について方針が決まった後、夫妻は強制送還されるとみられる。

 一家は2006年、強制退去を命じられたが、のり子さんが日本語しか話せないことなどを理由に在留特別許可を求めてきた。

 同省側は、のり子さんには許可を認めてもよいことを伝え、埼玉県内などにいる 親戚 ( しんせき ) の協力を得るなどしてのり子さんのみを残すか、一家で帰国するかを決めるよう求めていた。森法相は、のり子さんが残る場合、本来、5年間再入国できない夫妻にも上陸特別許可を与え、帰国後1年前後から会いに来ることはできるようにする意向を示していた。

 だが、アランさん夫妻は、強制送還になる場合、在留を希望しているのり子さんのみを残す方針は決めていたものの、この日東京入管では「あくまで3人で残りたい」と要望したため、入管側はアランさんの収容に踏み切ったとみられる。

…さて、番組内ではいろいろなことが言われていましたが、慎重に抗議しるというか批判するというかそんな意見が多かったです。
家族内でも、例外を作ると大変なことになるのではということになりました。確かに私自身同情します。ですが、例外は適用したその時点で例外ではなくなってしまいます。つまりこれを認めてしまえば
我も我もと言ってくる輩もいるということです。
どうしても、日本に居続けたい人はなにもこの人たちに限ったことではありませんしね。
とはいえ、我が国の外国人の受け入れの政策は硬いというのは間違いないでしょうが、それはあくまでもアメリカや欧米を基準にした際の話です。他の国も似たようなものでしょうね。

では、本日も名台詞。

「だってこれ正規の航空券ですよ?」 ミライ・ノア

解説:
本日の名台詞は以前R氏のブログでも使われいました、香港の空港でのミライさんが係員にくってかかったさいに発した台詞が本日の名台詞になります。
R氏ではありませんが、本当に正規の航空券でも行けないとなるとどうしようもないですね。
そんなにもいきづらいのでしょうか?…理由は明確にはわかりません。
…ですがアデナウアーが政治特権で割りこめたことから考えるに、どうも政治がらみの匂いがします。
おそらく、行けるのは政治家などが中心なのでしょうね。
まあ、世上不安定でしたから次便がないのはわかりますが、それにしても腑に落ちないでしょう。
ミライさんもだからこそくってかかったのでしょうね。
そういえばZでも航空券を欲しがっていましたが、無理でした。そう考えるとZのようにロケットで無断で打ち上げしたりとかいう行為は一種の海賊行為に当たるのではないでしょうか?
なんだって相応の許可は必要になると思うのですが…
2009-03-08(Sun)

巻き爪スパニエル…

本日は、どうにも痛みが強いです。このまえ、深爪をした箇所がものすごーく痛みます。
それにつられて右足も痛みます。
ちなみに、タイトルのスパニエルは巻き毛の犬です。決して巻き爪という訳ではないのであしからず。
犬の種類はほとんど知りませんが、スパニエルは某推理探偵の小説に登場する犬の種類で、印象に残っているので覚えています。あの時代から…といえば大げさかもしれませんが、犬の大半の種類は人間が掛け合わせて作ったものです。犬にとどまらず人間はさまざまな動物を作り上げてきました。
ひょっとすると…人間自身がなにかの掛け合わせなのかもしれませんが…
う~んSFの世界ですね。

では、そんな今日の話題は…

深海魚コンペイトウ赤ちゃん公開 福井の水族館で繁殖成功
2009年3月8日(日)16:50
 福井県坂井市の越前松島水族館で、深海魚「コンペイトウ」の赤ちゃんの一般公開が始まった。体長はわずか1、2センチだが、水槽で元気に餌の小エビを追い掛けている。丸い体にイボのある外見が砂糖菓子のコンペイトーに似ていることから名付けられた。日本海の水深300メートルでズワイガニと一緒に捕れた親魚が同館で産卵、昨年11月に約150匹の赤ちゃんが誕生。水槽で繁殖が成功したのは全国初。

…そんな種類といか名前の深海魚がいたのですね。そういえば、深海魚を本格的に食べようという試みがあります。代表的なのはアブラボウズというたらみたいなでかい魚です。
深海魚といっても種類はいろいろですからね…一応キンメダイも深海魚の仲間といえば仲間ですからね。本当の意味での深海魚はアンコウですが。
しかし、いろんな魚をたべてみようとは日本人は魚が好きですね。私は内地の人間なので生きたままの魚というのはなじみ薄ですが…
それにしても、コンペイトウやアブラボウズとか…面白い名前ですが、英語名のを日本語に訳すと
まんまだったりしますから、以外と名前の付け方って曖昧なんですね。

では、本日の名台詞。

「我が軍の防備は完璧です。現在までにかなりの敵MSを撃破しました。」 艦隊参謀

解説:
本日の名台詞は、コンペイトウの観艦式を襲撃するのがわかりきっているので防備を固めたことを強調し、いかに連邦軍の防御網が強固であるかをワイアット大将に参謀が語った際に発した台詞が本日の名台詞です。
ですが、結果は穴だらけ…ガトーが上手ということもありますが、そうというにはあまりにもお粗末な防空体制。デーラズ・フリートの過小評価しすぎにより多くの人命が消えてしまいました。
それにしても自分たちの生み出した兵器によってあんなことになってしまうとは誰も思っていなかったでしょう。まさに飼犬に手を噛まれる…ですかね。ちょっと違うか?
2009-03-07(Sat)

音が出ない…トラブルシューティング…

本日は、用事があって従姉妹の家にお邪魔しました。さて、従姉妹の家ではとある問題が浮かび上がっていたのです。
それは、デスクトップのパソコンから音が出ないという問題。そんなバカな…ということでパソコン部の経験もあり、一番パソコンに詳しいであろう?私と父親とでその難問に当たることにしました。
まず、致命的なことは…コードがなかったということ。オーディオコードがなければ流石に無理です。
そのコードはすぐにでも見つかったのですが、問題はそこからでした。なんと接続したはずなのに音がでない…なぜだ!ということでいろいろと試してみました。
接続を変えたり、オンラインマニュアルをみたり…しかしなかなか解決の糸口は見つけられませんでした。そんななか、ふとオーディオデバイスの視聴音を出してみたら…なんと音は出てくるではありませんか!?
しかし、その音は出てくるのに環境音や音楽がまったくでない…なぜだ!ということで調べましたが…時間だけが過ぎ行く一方です。いよいよ諦めかけているその時。
私は何の気なしにコントロールパネルを開き、そのSOUNDのところを見てみました。するとそこには
スピーカが接続してあるのですが、それがデバイスとして認められていない状態でした。
まさか!と思い試しにやってみると!なんと解決!実にあっけないものでした。
解決した後にしばし考えてみると…そうかわかったぞ!と名探偵なひらめきが。
つまりは、スピーカと接続しても音が出なかったのはスピーカが登録してあった状態で使える設定はしていなかたとうことでした。
という訳で問題は解決したかに見えました…が…次なる問題が発生!なんとデスクトップのアイコンに見なれたはずのゴミ箱さまがありません。ゴミ箱がないパソコンを初めて見たぞ!
とビビりました。どうしてなくしてしまったのか…理由はさておき次はゴミ箱探しに奔走。
従姉妹は別にゴミ箱がなくても…といっていましたが、ゴミ箱がないのは大問題です!整理がつきませんからね。いつまでたってもデータが残ってしまいゆくゆくは圧迫してくるのは間違いないのです。
しかし、なかなか見つからない。そんな中、その様子を見ていた祖母が…「さっきからゴミ箱ならあるじゃん」
と言いました。どこに?と思ってプログラムを開いてみると…なんと小さくしたの方にアイコンが出ているではありませんが!まるで目立たないアイコンでしたので完全に見落としていました。
まさかあんなに小さいとは…あわててデスクトップにゴミ箱のショートカットを作成して無事に解決。

ということで本日は、大変でした。父親ともども疲れてしまいましたが、満足していますね。ちゃんと期待に添うことができたのでよかったです。
…それにしても従姉妹のパソコンはデスクトップでなんと画面がいいことか…いや、私のだってノートパソコンにしては画面が大きくて見やすいのですよ!…でもデスクトップには負けました。
なんとかして、自宅のテレビと接続できる方法を探さねば…でもアナログじゃ無理かな…

では、本日の名台詞。

「…馬鹿なガンダムはいるはずだ…どこにいる…」 ドレン大尉

解説:
本日の名台詞は、ホワイトベースを抑える存在として立ちはだかったドレンの指揮するキャメルパトロール艦隊とホワイトベースが激突しているさなか、ガンダムの姿が見当たらないと報告を受けたドレンがそんなはずはないと思案している際に発した台詞が本日の名台詞になります。
さて、結果としては気づくの遅かったために手遅れの事態になってしまいまいたが、ドレンの感は大したものでした。でも、やはり修羅場の数がものをいう世界では少々遅かったですね。
感は時にあっけないほどさえるものですが、感を生かすのも経験といったところですね。
2009-03-06(Fri)

隣人の脅威…

本日は、この話題です。いやついにここまで来てしまいましたか…という感じですね。

「近い将来に空母」 中国海軍幹部が言明
2009年3月6日(金)18:28
 【北京6日共同】中国で開会中の全国政治協商会議に参加している中国海軍航空兵部の馬国超副政治委員(少将)は5日、国産航空母艦の「明確に言えるのは遠くない将来、中国人は自国の空母を見ることができるということだ」と語り、建造着手が近いことを示唆した。国営通信・新華社の電子版が6日、香港紙文匯報の報道を引用する形で伝えた。中国国防省報道官は昨年12月に「真剣に研究している」と言明。

…いよいよ中国も空母持ちですか。さて、この話題はこの間我が父親と議論の的になりました。
題して「空母に対抗できるのはなにか?」
そりゃ空母には空母です。当然です。でも日本の法律では空母は無理です。厳密にいうと正式空母ということです。実は、ヘリ空母といってはいませんが日本はヘリ空母をもっています。「ひゅうが」ですね。
話題を元に戻しますと、空母に対抗するにはどうしたものか。いろいろと意見が出ましたが結論はこうなりました。
「潜水艦を強化する」そうです。日本は潜水艦の分野では遅れてはいませんが進んでいるわけでもありません。つまり潜水艦は改良の余地があるということなのです。潜水艦というのは船にとって絶対的に無防備な底部からの攻撃が可能であります。事実、日本は太平洋においてアメリカの駆逐艦にかなりの損害をこうむりました。また、U-boatの活躍は知ってのとおり。
ですが、潜水艦というのは改良が難しい分野でもあります。原理としてはすでに第一次大戦のものと大して変わらないのです。
が、そここそが盲点であり、そういう盲点こそが戦略的には重要になってくると思います。
ガンダムのMSだってそういうものだったからです。

では、本日の名台詞。

「馬鹿な!ジオンにはサイクロプスがいるのか!」 連邦軍士官

解説:
本日の名台詞は、初めてジオンのザクを目の当たりにした連邦軍の士官が発した台詞が本日の名台詞になります。ちなみに登場はギレンの野望です。
サイクロプスとは一つ目巨人のことですね。性格はいたって温厚です。鍛冶屋でもあるのです。
それにしてもジオンのザクはなぜ一つ目か…利点があるからこそですが、その利点とはセンサーが合わせやすいということです。また一つ目は言ってしまえば高感度のカメラのピントが合わせやすいということがあります。反面、それがつぶされてしまえばという問題があります。
とは、あくまでも設定の上でのこと。実際には一つ目の方が悪役っぽいからということです。
ガンダムもアニメですからえてしてそれが真実なのです。
2009-03-05(Thu)

戦うための力…

本日は、なんとも考えさせられる話題というか、これも時代なのでしょうか…

<特集ワイド>プロレスどこへ 日テレ地上波「引退」 ゴングには早すぎる
2009年3月4日(水)18:00
 半世紀以上にわたる伝統のテレビ番組が、この春姿を消すことになった。日本テレビのプロレス中継だ。視聴率低迷が理由だが、最古の娯楽系番組の一つで、国内で最も古いプロレス中継がなくなるのは寂しい限りだ。プロレスよ、どこへ行く?【遠藤拓】

 ◇…ボボ・ブラジル、力道山、ジャイアント馬場、アントニオ猪木、デストロイヤー、ブッチャー、ミル・マスカラス、ドリー・ファンク・ジュニア、テリー・ファンク、スタン・ハンセン…

 ◇痛み知り、勇気もらった

 ▼「テレビ発展に欠かせない役割果たした」▼「総合格闘技のリング参戦間違い」▼「リアルファイトで勝つの見たい」▼「知らない子供増えるのは痛手」

 地上波というマットからの「引退」会見は、なんともあっさりしたものだった。

 「プロレスリング・ノアは地上波から撤収します」。2月23日の日テレ定例記者会見。久保伸太郎社長はこう述べ、テレビ放送開始翌年の1954年から続くプロレス地上波中継を、3月末で打ち切ることを明らかにした。

 初期のプロレス中継は、敗戦で打ちひしがれた日本の復興の象徴だった。戦勝国・米国の大男たちの攻撃に耐え、力道山の反撃の空手チョップがさく裂するのを一目見ようと、街頭テレビ前は大勢の人々でごった返した。

 63年放映の力道山対デストロイヤー戦は、日テレ史上最高となる視聴率64・0%(ビデオリサーチ関東地区調べ)をたたき出した。力道山の死後は、16文キックのジャイアント馬場が奮闘。テレビ朝日と手を組んで新日本プロレスの中継を始めたアントニオ猪木とともに、プロレスをもり立てた。

 だが、少しずつプロレス離れは進み、88年には土曜夜7時のゴールデンタイムを撤退。現在は日曜25時(月曜午前1時)過ぎの深夜枠に追いやられ、1月以降の視聴率は1~2%台とふるわない。日テレは、有料CS放送日テレG+のみの存続に踏み切った。

 「プロレスはテレビの発展にとって、欠かせない役割を果たした。僕はテレビがもっとプロレスに恩義を感じなければならないと思う」。日テレOBでフリーアナウンサーの徳光和夫さん(67)はこう言う。

 日テレの駆け出し時代、力道山から馬場へと人気が移る“谷間の時代”に実況中継を担当したが、当初は嫌で仕方なかった。ちまたで「プロレスは八百長」と騒がれていたからだ。「それでもやっぱりサラリーマン。渋々ながら、担当することになった」

 ところが、プロレスラーたちの真剣さやまじめさに接するうち、複雑な思いも変わっていった。「人との接し方や、目にしたモノをアドリブで表現する方法など、プロレスでたくさんの大切なことを学んだ。最初に好きな野球を担当していたら、こうはいかなかった」

   ■

 「打ち切りは残念だが、ここまでよく頑張った」。ジャイアント馬場の弟子としてプロレス界入りした大仁田厚さん(51)は話す。

 自ら団体を作り、90年代初めに「有刺鉄線電流爆破デスマッチ」の過激な演出とマイクパフォーマンスで成功した。これが、プロレスに近年の多団体化と衰退をもたらしたとの批判もあるが、意に介さない。「そもそもの間違いは、レスラーが総合格闘技のリングに上がったこと。そこで負け、『弱い』とレッテルをはられてしまった。アントニオ猪木さんの異種格闘技戦のように、こちらに相手を上げればよかったんだ」

 今の気持ちを観客にマイクパフォーマンスで伝えるとすると? 「おいおいおいおい。日テレよ、戦後60年近いテレビの歴史で、ずーっと続けてきたプロレスをここで打ち切るのか。歴史を大切にして、意地でも存続しなくてもいいのか!……まあ、こんなところかな」

 総合格闘技にくら替えした元ファンは、地上波中継の打ち切りをどう思うか。「残念だが、仕方ないんでしょうね」。作家で自他共に認める格闘技ファンの夢枕獏さん(58)は淡々としている。

 「かつてのプロレスは世界一強い男を決める舞台、もしくはそこへの階段がある場所だった。そんなファンタジーに、僕らは自分たちの夢を重ね合わせた。でも、それももう無理。各種出版物で、プロレスが基本的にショーであると暴露されましたからね」

 そして、皮肉っぽくいう。「プロレスは八百長じゃない。八百長はそもそも、リアルファイトが前提でなければ成り立ちませんから。K―1やDREAMよりも面白ければ、会場に足を運ぶんですが。面白くするには、徹底したエンターテインメントの世界へ行くしかないのでは」

 一方で、複雑な思いも吐露する。「リアルファイトでプロレスラーが勝つのを見たい。それも、アマレスや柔道出身でなく、生粋のプロレスラーが。心の底ではそう思ってるんですけどねえ」

   ■

 今後のプロレスに、専門誌「週刊プロレス」の佐久間一彦編集長(33)は危機感を隠さない。「今はプロレスそのものの存在を知らない子供も増えている。そこで深夜とはいえ、地上波がなくなればさらに間口が狭くなる。ダメージはやはり大きいです」

 佐久間さんは、プロレスの社会に対する役割をこう表現してみせる。「近ごろの子供は、親とプロレスを見に行くこともないでしょう。一人で携帯ゲームの世界にのめり込むことで、『痛み』を知ったり、『勇気』を与えられたりしますか? 若者がプロレスを見なくなったことと、凶悪犯罪が増えたことは、どうしても無縁だと思えません」

 ならば、プロレスが生き残るための妙案は? 「まずは、プロレスの魅力を、プロレス団体自身が信じること。人々を長年魅了し、今も生き残る文化なのですから。今は試合の質も上がっている。もっとプロモーションに力を入れるべきでしょう」

 日テレの地上波最後の収録日となった今月1日。東京・日本武道館は超満員の観客の熱気であふれた。リングでは、相手の肉体に食い込まんばかりの豪快なチョップやキックに、体操選手と見まごうばかりの華麗な動きが繰り広げられる。どよめきや歓声が絶えず、地上波中継の打ち切りが信じがたい。ファンたちも「いつも以上にいい試合だった」「今後も応援し続けます」と興奮冷めやらない様子だ。

 プロレス団体「ノア」はこの日、ローカル局・テレビ大阪で4月以降、地上波中継を始めると発表した。テレビ朝日(土曜深夜26時ごろ)も含め、プロレス界はかろうじて地上波中継を保った格好だ。「試合終了」のゴングを聞くには、まだ早すぎる。

…上記のプロレスと若者の犯罪とはとくに無関係な気もしますが、一里あると思ってしまう人もいるのですね。私はプロレスを主に見ていた世代ではないので何とも言えませんが、無関係とは言いませんが限りなく関係はないでしょう。とはいえ、痛みを知らない若者が増えたのはあるかもしれません。
まあ、それもこれもゲームが悪いのではなく伝える側の企業やマスコミ、保護者の責任でしょうがね。
さて、プロレスが生き残っていくにはといっていましたが、プロレスのイメージをまずは変えることが本当に必要だと思います。また、キンニクマンやタイガーマスクではないですがそういったアニメや漫画の活動も今の世の中は不可欠だと思います。
格闘技が一時期ブームになって今でもK-1が放送されているから、プロレスそのものが受け入れられる地盤はあると思います。ようは、発想の問題でしょう。

では、本日の名台詞。

「こいつは一年戦争でジオンのシャアとやりあった物だ。」 アムロ・レイ

解説:
本日の名台詞は、カツになにかあったら使えと餞別を、銃を授けた際にアムロが何気なく放った一言が本日の名台詞になります。アムロもシャアと直接戦ったことは誇りに思っていたのだと思います。
そういえば、アムロはやたらと銃やそのたもろもろの扱いがうまかったですが、本当にただの機械いじり少年だったのでしょうか?
多分、軍に入らざるを得ない状況になったために必要な訓練を受けたのではないでしょうか。
事実、ランバ・ラルとは艦内での打ち合いになったので訓練の必要性は痛感したはずだと思います。
なんにもNTで片付けられる問題ではないと思いますね。
それにしても16歳に後れをとったシャアというのも地味にふがいないと思いますが…

モアモア!!!帰ってきた乙女たち!!!

祝!!!ファンディスク!!!彼女たちが帰ってきた!!! また会える…より強く、より美しく!!!
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!

ワルキューレ・ロマンツェ~少女騎士物語~熱烈応援中!!!

焦がれ彷徨うさすらいの騎士(少女)たちに…この恋を
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!

祝!アニメ化!日本よコレが、ワルロマだ!!!

ジョストは遂に、メディアの世界へ…恋はこの槍に誓って…

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ricotta 様
新たなる騎士(少女)
再び…恋の炎と勝負の氷がよみがえる!!!
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!
四人の騎士(乙女)
愛せよ恋せよ…騎士(乙女)たち
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!
プロフィール
見た目より10歳は年上に見られる変人いや、それ以上に変態…「意思なき所に道は無し」が座右の銘のガンダマーであり ただのバカ

るどまん(るどら)

Author:るどまん(るどら)
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ロックなメイドカウンター
最近のコメント
悪代官(バナーその一)
時代劇の双璧をなす重要人物…わしがいなければ正義の味方は失業してしまう…
炭水化物
好きな四文字熟語は炭水化物!…中華麺は逆輸入!
もう一つの未来
この管理人が主に同人活動を行っているHPになります
月下白虹
ラケシス氏のブログ
我が師…ラケシス氏が(等ブログではR氏といわせていただいております)がブログを始められました。気になった方は…GO!!
その日の○○○
上海アリス幻樂団
東方…美しき弾幕は幻想への案内…さあ…ふれてみよう!いざゆかん!幻想なるかの地へ…
上海アリス弦樂団
博麗ちゃんの賽銭箱
教えて慧音先生!!!
今日の授業…始めます
グーバーウォーク
リンク…それは「ゼルダの伝説」の主人公
このブログをリンクしてくれるというありがたい人を募集です。 相互リンク受け付けています。メールください。
カレンダー…今日はいつかな?
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
小さな天気予報…こころはいつも日本晴れ
ああ!載っていない!!

-天気予報コム- -FC2-
激震の三連バナー
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!
激烈怒涛の四連バナー
迷ったら…そう全てだね
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。