--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-21(Sat)

暑い暑い暑い…書くだけで暑い…

本日は、暑かったですね…。とはいえ、今は風は涼しい…。ですが、あまり言いたくはないですが…となりがうるさくて…。ヘッドホンヘッドホン…。
しかし、タイトル通り、暑いと言う字は書いているだけで暑くなってきますね~。

そんな本日の話題はこちら。

小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明 権力とセクハラの切っても切れない関係 
日経ビジネスオンライン2011年5月21日(土)07:00

 国際通貨基金(IMF)の専務理事が性的暴行の容疑で逮捕された。
 事件を伝えるニュースを通じて、私は、IMFトップの肩書きが「専務理事」であるということをはじめて知ったわけなのだが、それはそれとして、IMFと言えば、泣く子も黙る巨大金融権力だ。少なくとも私は黙る。事情が事情なら泣くかもしれない。その世界経済の舵取りを担う国際機関の最上位者たるストロスカーン氏が、どうにも低劣な犯罪容疑で逮捕されたわけだ。なんともお粗末な事件ではないか。

 が、驚くには当たらない。こういう事例は珍しくない。
 セクハラ疑惑、桃色醜聞、ピンクの霧、ハニートラップ、美人局。古来、権力とセックスは水と魚みたいに切っても切れない関係だった。現在でも同じ。今後もおそらく同様だ。権力とセックス。皿と肉。鉄壁のワンセットだ。

 「英雄色を好む」ということわざもある。勘違いしている英雄ワナビーもまた、たくさんいる。
 今回は、権力と醜聞について考えてみたい。

 英雄が色を好むのは、一面において、事実だ。が、実態は、むしろ、「英雄(すなわち権力者)の性的放縦は周囲に容認されがちだ」といったあたりにある。

 セックスだけではない。英雄は美食を好み美衣を好む。土木や骨董書画についても、権力者の欲望はおのずから肥大しがちで、過剰に走る傾きを有している。当然だ。ボスには反対者がいない。経済的な制限もない。とすれば、色好みの英雄が色好みの度合いを増強する運動は、誰にも止めることができない。

 欲望の多寡について言うなら、英雄も凡人も似たようなものだ。大差は無い。好色な英雄もいるが、そうでない英雄もいる。われら凡人においても同断。徒手空拳であっても助平な男は助平だし、淡泊なヤツは淡泊だ。ただ、事情が違うのは、好色な凡夫の多くが、その欲望を存分に果たし得ないのに対して、権力を握った好色漢は、自らの性的野心を野放図に展開することができるといったあたりにある。結果、凡人は性的に控えめな生き方を余儀なくされ、他方、英雄は性的放縦をほしいままにする。つまり、問題は欲望や人格のありようではなくて、「権力」の有無なのである。

 言うまでもないことだが、「英雄色を好む」を、逆方向に援用することはできない。すなわち、どこかの誰かが「色を好む」タイプの男であったのだとしても、そのことを理由に彼が「英雄的な」資質に恵まれた人間であることは証明できないということだ。当たり前だ。そいつはただの助平かもしれない。好色は出世のためのエンジンになる可能性もある。が、同時にそれは、落とし穴に化ける危険性を孕んでいる。明日の風は誰にも予測できない。神のみぞ知る、だ。

 権力と欲望という二つの要素ですべてが決まるのであれば、話は簡単なのだが、世界はそんなに単純な理屈で動いているわけではない。
 実際の世界の運行には、少なくとももうひとつ「才能」という変数が関連している。「魅力」という要素もある。複雑だ。

 たとえば一人の男がいる。
 彼には一定の才能が備わっている。
 雑多な条件や偶然を捨象して考えれば、彼は、その努力と才能(つまり実力)にふさわしい地位に就く。
 と、彼には、地位に伴った権力が賦与され、それらすべて(才能と実力と地位と権力)の方程式の解として、彼には一定量の「魅力」が宿ることになる。
 こうして、彼のまわりには性的な関係が形成される。
 もう少しロマンチックな言い方をするなら、一人の男は、その魅力にふさわしい相手と出会う、というわけだ。まあ、実際にはそんなふうにうまく話が運ぶわけではない。みなさんご存知の通りだ。

…そうでしょうかね?それは今の時代だからこそでしょう。権力者ですが、女におぼれずまっとうに過ごしている人だって多い筈です、つまり…そういう人間が眼についてしまうと言うことでしょうね。
…まあ、なってみたいものですけどね。

では、本日の名台詞。

「脈がないのをつくるのが、男の甲斐性ってもんだろう!!!」 ヘンケン・ベッケナー

解説:
本日の名台詞は、Zガンダムより、アプローチについてクワトロそしてブライトが尋ねた際に、答えたヘンケン艦長の台詞が本日の名台詞です。なんというかっこよさ…一つの男性としての理想像だと私は勝手に思っています。
なにせ、本当に脈まで作ってしまうのが、素晴らしい。なお、この台詞は…私の座右の銘に!?
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

モアモア!!!帰ってきた乙女たち!!!

祝!!!ファンディスク!!!彼女たちが帰ってきた!!! また会える…より強く、より美しく!!!
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!

ワルキューレ・ロマンツェ~少女騎士物語~熱烈応援中!!!

焦がれ彷徨うさすらいの騎士(少女)たちに…この恋を
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!

祝!アニメ化!日本よコレが、ワルロマだ!!!

ジョストは遂に、メディアの世界へ…恋はこの槍に誓って…

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ricotta 様
新たなる騎士(少女)
再び…恋の炎と勝負の氷がよみがえる!!!
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!
四人の騎士(乙女)
愛せよ恋せよ…騎士(乙女)たち
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!
プロフィール
見た目より10歳は年上に見られる変人いや、それ以上に変態…「意思なき所に道は無し」が座右の銘のガンダマーであり ただのバカ

るどまん(るどら)

Author:るどまん(るどら)
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ロックなメイドカウンター
最近のコメント
悪代官(バナーその一)
時代劇の双璧をなす重要人物…わしがいなければ正義の味方は失業してしまう…
炭水化物
好きな四文字熟語は炭水化物!…中華麺は逆輸入!
もう一つの未来
この管理人が主に同人活動を行っているHPになります
月下白虹
ラケシス氏のブログ
我が師…ラケシス氏が(等ブログではR氏といわせていただいております)がブログを始められました。気になった方は…GO!!
その日の○○○
上海アリス幻樂団
東方…美しき弾幕は幻想への案内…さあ…ふれてみよう!いざゆかん!幻想なるかの地へ…
上海アリス弦樂団
博麗ちゃんの賽銭箱
教えて慧音先生!!!
今日の授業…始めます
グーバーウォーク
リンク…それは「ゼルダの伝説」の主人公
このブログをリンクしてくれるというありがたい人を募集です。 相互リンク受け付けています。メールください。
カレンダー…今日はいつかな?
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
小さな天気予報…こころはいつも日本晴れ
ああ!載っていない!!

-天気予報コム- -FC2-
激震の三連バナー
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!
激烈怒涛の四連バナー
迷ったら…そう全てだね
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。