--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-22(Sun)

東方海神殿 第一章~早苗の小旅行 5~

本日は、久しぶりの更新です。

続きになります。

「ちなみに俺は…。こいつが入れと言ったから幻想研究会に入った。」
「何を言っているのよ。どこにも入りたくないけど、どこかに入りたい!と分けのわからないことを言っていたから、誘ってあげたのよ。」
「そうだったか?」
「そうよ。」
「…ま、それもこれも腐れ縁というやつだ…。」
「でも、その腐れ縁が、きっかけでお二人は結…」
愛がそう言うと、六三斎はお茶を喉につまらせた。
「…危ないところだった…。」
「―貴方―腐れ縁ならいっそ別れましょうか?本当に腐り落ちる前に?」
息苦しそうな六三斎に、妻はすこし怒った様に言い放った。
「いや、それは…言葉の綾というやつで、本当にしないで―。」
「…まあまあ、お二人とも。」
早苗が、そう割って入った。
「縁は異なもの味なもの。と、申しますから。それに、素晴らしいご縁があったからこそ、
めぐり合ったわけですから。腐れ縁などではないですよ。決して。」
「そう。さすが、東風谷の娘さん。いいことを言う。
だから、腐れ縁というのは言い過ぎた。スマン。」
六三斎はそう言って、妻に頭を下げた。
「私の方こそ、少し意地悪をしてしまって…。あ?お茶入れますね、アナタ。」
「お、おう…。」
妻は、六三斎の茶碗が空なのを見るとお茶を入れた。
六三斎は少し照れくさそうだった。
愛が早苗にささやいた。
「ありがとう。早苗。
…この二人、いつもこんな感じなんだ。…もう、面倒くさいのなんのって。」
なるほど。と、早苗は思わず苦笑いした。
そんな時。ふと、六三斎が、何かに気がついたように、早苗に向って言った。
「…すこし気になっているのだが…。貴女が髪につけているそれは?」
「この、髪飾りですか?」
早苗は、六三斎が尋ねたものを、外すと手に取った。
「良ければ、少し見せてもらえないかな?」
「どうぞ。」
早苗は、それを丁寧な手つきで六三斎に渡した。六三斎は細心の注意を払いそれを鑑定していた。
「…見事な細工だ。商売上、刀の鍔や鞘の細工を見る機会が多いが…これは素晴らしい。
金属の上に、漆を安定させるだけで高度な技だ…。
同じ職人として、これほどの腕を持っている人に会いたかったものだ。」
しみじみと六三斎は、言った。
「本漆塗の上から、さらに上質なもので、色を付け直している。緑の顔料も安いものではない。
…しかし、残念なのは…少しサビがあるところか。
極小しか使われていな鉄にサビが出ている。しかし…珍しいな、鉄とは。これを作らせたものは鉄に並々ならぬ思い出もあったのであろう。」
「サビ…?サビがあるようには思えないのですが?」
早苗が、そう言った。それほど、荒い使い方をしているわけではないからだ。
「どんなに、大切に使っていてもこの手のものは日用品だ。どうしても、ガタが来てしまう。
…ほら、よく見ると小さい黄色の花のようなものがあるだろう?これが錆のもとだ。
まだ目立ってはいないが…ほって置くと手遅れになる。特に細工物においては。」
六三斎は、早苗の手に返すと2つの髪飾りのサビの部分を指さした。
それは素人目には全くといっていいほど解らなかった。
「…少し、私に任せてもらえないだろうか?
これほど、見事なものをサビに任せるのは実に惜しい…。」
六三斎がそう申し込んできた。
「…そうですね。これは…母の形見なのです。」
そっと早苗が愛おしそうに髪飾りを撫でた。
「だったら、なおさらではないのか?…何、それほど時間は取らないよ。」
「お願いできますか?」
早苗は髪飾りを差し出した。
「もちろん。…さてと!」
六三斎は、それを受け取ると、お茶を一気に飲み干した。
「そうと決まれば…早く始めるか。」
その時だった。
「ねえ、六さん。」
「なんだい?」
「久しぶりに、仕事場を見学したいんだけど。早苗も、見たいよね?
自分の大切なものがどんな所で直されるのか?」
愛がそう言った。
「ええ。面白そう。」
突然の誘いだったが、刀鍛冶という六三斎の仕事に興味を覚えた早苗は頷いた。
「よし…では行くか。」
六三斎は、仕事場に向かった。早苗も、愛も後を追った
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

私の方も更新の頻度がかなり落ちてきてしまいました。ここらで気合を入れねば。

モアモア!!!帰ってきた乙女たち!!!

祝!!!ファンディスク!!!彼女たちが帰ってきた!!! また会える…より強く、より美しく!!!
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!

ワルキューレ・ロマンツェ~少女騎士物語~熱烈応援中!!!

焦がれ彷徨うさすらいの騎士(少女)たちに…この恋を
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!

祝!アニメ化!日本よコレが、ワルロマだ!!!

ジョストは遂に、メディアの世界へ…恋はこの槍に誓って…

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ricotta 様
新たなる騎士(少女)
再び…恋の炎と勝負の氷がよみがえる!!!
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!
四人の騎士(乙女)
愛せよ恋せよ…騎士(乙女)たち
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!
プロフィール
見た目より10歳は年上に見られる変人いや、それ以上に変態…「意思なき所に道は無し」が座右の銘のガンダマーであり ただのバカ

るどまん(るどら)

Author:るどまん(るどら)
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ロックなメイドカウンター
最近のコメント
悪代官(バナーその一)
時代劇の双璧をなす重要人物…わしがいなければ正義の味方は失業してしまう…
炭水化物
好きな四文字熟語は炭水化物!…中華麺は逆輸入!
もう一つの未来
この管理人が主に同人活動を行っているHPになります
月下白虹
ラケシス氏のブログ
我が師…ラケシス氏が(等ブログではR氏といわせていただいております)がブログを始められました。気になった方は…GO!!
その日の○○○
上海アリス幻樂団
東方…美しき弾幕は幻想への案内…さあ…ふれてみよう!いざゆかん!幻想なるかの地へ…
上海アリス弦樂団
博麗ちゃんの賽銭箱
教えて慧音先生!!!
今日の授業…始めます
グーバーウォーク
リンク…それは「ゼルダの伝説」の主人公
このブログをリンクしてくれるというありがたい人を募集です。 相互リンク受け付けています。メールください。
カレンダー…今日はいつかな?
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
小さな天気予報…こころはいつも日本晴れ
ああ!載っていない!!

-天気予報コム- -FC2-
激震の三連バナー
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!
激烈怒涛の四連バナー
迷ったら…そう全てだね
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。