--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-15(Mon)

英雄の妻…

…いつになったら、行きつけの書店は改装工事が終わるのだろうか…まったく、いろんなデカイ店ができることは書店には迷惑な話かもしれませんね…行きにくいといったらね…

というわけで、本日は家で引きこもっていると退屈の虫が騒ぎ…というか体を動かさないと調子がでないのでいつも道理、外出しました。
行った先は前述の通り、行きつけのM書店。そこは改装工事というか整理をしていまして、本来ならば通路にいすが設けてあり、立ち読みできるようになっているのですが…今はその椅子が突破割れている為、長期の立ち読みはつらいのですがそれでも1時間近く立ち読みしていました。
読んだタイトルはその名もズバリ、「プリンセス」
その本は私が愛読している?古今東西の武器や、魔術、天使や堕天使、魔物などについての本が出ているかなりマニアックなシリーズの書籍なのですが、プリンセスを読むのは初めてですので、読んでみました。
内容は、美しきプリンセス、悲劇のプリンセス、破天荒なプリンセスまで実在、架空問わずのっていまたした。

その本の中で出てきた女性を本日のお題といたします。

その女性の名は、「ジョゼフィーヌ」…もうお分かりですね。そうあのナポレオンの奥さんです。
私はジョゼフィーヌについてはナポレオンよりも6つ年上ということ、未亡人だったということぐらいしか知りませんでしたが…読んでみてどういう女性であったのか…初めて知りました。

…一言で感想を言いましょう。…ナポレオンも可哀想に…ですね。

ジョゼフィーヌという女性は幼少のころから、将来は美人になると言われ、占い師の見立てでは「王以上の夫人になる」と言われた程の魅力あふれる美人です。
…しかし、ナポレオンと会った時の彼女は、あふれる魅力で多くの有力な男達の愛人となり、その愛人たちからの仕送りで生活しているというまさに男女の関係のスペシャリストでした。
そんな彼女にナポレオンは一目ぼれ。そしてついには結婚を申し込みます。そして、結婚するのです。
ナポレオンは遠征先から熱烈なラブレターをしょっちゅう差出、彼女にぞっこんでした。
しかし、等のジョゼフィーヌはナポレオンの激しい求愛を受け入れていたのか…というとこれが全く。
ナポレオンのラブレターを仲間うちに見せては「ナポレオンという人はかわいいのね。」とあしらい、新婚早々に遠征に行ったナポレオンがいなことをいいことに早速浮気。まさに恋多き女性だったのです。
ですが…この生活も長くは続きませんでした。妻が浮気しているのではないかと徐々に不審に思ったナポレオンは遂には、遠征先のエジプトですべてを知ってしまいます。
遂にこれに激怒したナポレオンはフランスに帰ると、早々に離婚しようと決意を固めていました。
さて、ジョゼフィーヌはナポレオンを失ったら自分にはなんにも無いことにようやく気付きました。
連れ子二人は当然ナポレオンの子供ではなく、夫婦にはこどもがいませんでした、いよいよ危機を感じた彼女はパリに入る前に夫を説得しようとパリを出ましたが…
入れ違いで、ナポレオンはすでに帰宅してしまいました。
激怒していたナポレオンは彼女に「離婚する」と告げると、完全に自室に引きこもります。
もはや夫の愛を取り戻せないとわかった彼女はナポレオンの部屋の前で泣き崩れ、離婚しないでくれと懇願し、子供をも巻き込んで説得。…ついにナポレオンの心もおれ、顔を涙で真っ赤にしたナポレオンは彼女たちと抱き合い、離婚は踏みとどまりました。
しかし、これ以来、ナポレオンは完全に彼女のことを女性としてみなくなり、友人のように接します。
もはや、ナポレオンの彼女への愛は完全に醒めきってしまったのでした…
なんとか夫の愛情をつなぎとめようとしたジョゼフィーヌはナポレオンを支えることに徹し、社交界から夫を援護し、国民からも支持を取り付けますが…ナポレオンが愛人との間に子供をもうけ、自身が皇帝になると、子供に跡目を継がせるべく彼女と遂に離婚することになります。
離婚すると文無しになる彼女を憐れんでナポレオンは彼女に皇后の位は与えたままにしたりと生活に困らない程度の施しはしました。
…ですが、ナポレオンは彼女と離婚した直後から谷底へと落ちることになってしまうのです…
彼女はやはり幸運の女神であったのかもしれませんね。

さて、長々と書きつらねましたが、ナポレオンが彼女に対して愛情を失ってしまうのはよくわかります。
純粋で一途な愛を無碍にし続けたジョゼフィーヌは夫の愛情を失い、それを取り戻すことはなかった…まあ、なるべくして、なったという気がします。
愛情は欲しい時にはすでになし…それは古今東西古い新しい問わずおこるものなのですね…

では本日の名台詞。

「来るのが、遅すぎたのよ…」 ベラ・ロナ

解説:
ベラ・ロナことセシリーは自分の居場所を見つける為、決意を固めるために自慢の金髪を切りました。その時!ちょうど侵入してきたのがシーブックでした。ロナ家に居場所を求めようとした直後、決意の直後に乱入した彼を彼女はこの台詞を発しました。その後、ベラは彼をかばうような動きを見せます。
彼に向けられた銃を自分が遮ることで発砲を食い止めたのでした。
しかし、このシーブックの行動が彼女の心をかき乱したのは間違いないでしょう。
ほどなくして、彼女は彼と行動を共にするようになるのですから。
宇宙世紀の美男美女カップル。ちなみにいろんなことがあり、セシリーとシーブックが愛の結晶をはぐくんだのは二人とも30近い年のころでした。その時になるまで…平穏な時が訪れるまで、彼らは互いに愛し続けていたのでした。
この二人の話は長くなるのでまたの機会にいたすとしましょう。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

バラの花びらを床一面にしきつめて、迎えにいった逸話が有名ですね。ナポレオンは女性に関してはかなり運の良い方だと思いますよ。つれづれなるままに・・・

モアモア!!!帰ってきた乙女たち!!!

祝!!!ファンディスク!!!彼女たちが帰ってきた!!! また会える…より強く、より美しく!!!
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!

ワルキューレ・ロマンツェ~少女騎士物語~熱烈応援中!!!

焦がれ彷徨うさすらいの騎士(少女)たちに…この恋を
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!

祝!アニメ化!日本よコレが、ワルロマだ!!!

ジョストは遂に、メディアの世界へ…恋はこの槍に誓って…

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ricotta 様
新たなる騎士(少女)
再び…恋の炎と勝負の氷がよみがえる!!!
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!
四人の騎士(乙女)
愛せよ恋せよ…騎士(乙女)たち
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!
プロフィール
見た目より10歳は年上に見られる変人いや、それ以上に変態…「意思なき所に道は無し」が座右の銘のガンダマーであり ただのバカ

るどまん(るどら)

Author:るどまん(るどら)
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ロックなメイドカウンター
最近のコメント
悪代官(バナーその一)
時代劇の双璧をなす重要人物…わしがいなければ正義の味方は失業してしまう…
炭水化物
好きな四文字熟語は炭水化物!…中華麺は逆輸入!
もう一つの未来
この管理人が主に同人活動を行っているHPになります
月下白虹
ラケシス氏のブログ
我が師…ラケシス氏が(等ブログではR氏といわせていただいております)がブログを始められました。気になった方は…GO!!
その日の○○○
上海アリス幻樂団
東方…美しき弾幕は幻想への案内…さあ…ふれてみよう!いざゆかん!幻想なるかの地へ…
上海アリス弦樂団
博麗ちゃんの賽銭箱
教えて慧音先生!!!
今日の授業…始めます
グーバーウォーク
リンク…それは「ゼルダの伝説」の主人公
このブログをリンクしてくれるというありがたい人を募集です。 相互リンク受け付けています。メールください。
カレンダー…今日はいつかな?
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
小さな天気予報…こころはいつも日本晴れ
ああ!載っていない!!

-天気予報コム- -FC2-
激震の三連バナー
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!
激烈怒涛の四連バナー
迷ったら…そう全てだね
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。