--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-17(Tue)

毎日いろいろあるものだ…

本日は、午前中は雨でしたが午後には晴れ渡ったりましたね。
さて、本日の話題はR氏が取り上げていた話題です。そう一週間です。

以下がそのサイト様からの抜粋になります。
1. 一週間の謎 010804
--------------------------------------------------------------------------------

一週間
ロシア民謡 訳詞 音楽舞踊団カチューシャ

日曜日に市場に出かけ
糸と麻を買ってきた
テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ
テュリャテュリャテュリャテュリャリャリャー
月曜日にお風呂をたいて
火曜日にお風呂に入り
水曜日に友達が来て
木曜日に送っていった
金曜日は糸巻きもせず
土曜日はおしゃべりばかり
恋人よこれが私の一週間の仕事です
テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ
テュリャテュリャテュリャテュリャリャリャー



ロシア民謡として知られるこの歌は一般的にロシア娘の呑気さを歌ったものと言われる。しかし、実は多くの謎が提示されている疑問の多い歌である。

この歌に接した時、誰もがまず思うのは、一週間の仕事と歌いながら実際には、金銭を対価とした労働を全く行っていないことである。糸と麻を買う資金はどこから捻出されたのであろうか。ロシア皇帝の遺産か? この疑問についてはおいおい謎がとけるであろう。

また、次によく指摘されることであるが、不可思議なことに、月曜日にお風呂をたいているにもかかわらず、月曜日に入らない。湯冷めするではないか。厳寒のロシアである、下手をすればお湯が冷めるどころか氷が張ってしまうことも考えられる。命に関わる問題である。

これにはいくつかの可能性が考えられる。例えば、下女説である。この歌の主人公は、高貴な御方に仕える下女であり月曜日に焚いたお風呂は高貴な御方が入る。主人公は残り湯しか使わせてもらえない。この仮説では、最初に指摘された金銭を対価とした労働をしていないという理由を説明できる。ここでは結論を保留して、他の可能性を考えてみよう。

主人公は、下女でなく一般的な生活者であると仮定すると、二日に分けて入浴するというのは明らかに不自然である。そこで、深夜にお風呂を焚いて、12時を越えた後に入浴したと言う可能性を検討する。この場合、矛盾は無くなったように見えるが、もっと根本的な疑問「何故、一週間に一度しか入浴しないのか?」がクローズアップされる。恋人がいる妙齢の女性ならなおさらである。ここで、更なる疑問が提示される。この歌の主人公は本当に女性なのか? 歌詞を表面的に聞いたとき、糸と麻を買い、糸巻きをする人は一般的には(特に帝政ロシア時代には)女性であると言ってよいであろう。言ってよし。しかし、歌い手は明言している「糸巻きもせず」。糸巻きしないのである。更に決定的な言明がある。歌い手は「市場で糸と麻を購入した」とアリバイを主張しているが、

日曜日には市場は閉っているものである。

そう、歌い手は嘘をついているのである。では、この歌はまったくのデタラメで検討に値しない歌なのであろうか。

この歌は最後に「恋人よ」と呼びかけている。実際に恋人に呼びかけることを想像してみるがよい。名前や人称代名詞やニックネームで呼ぶのが普通である。「恋人よ」と呼びかける場合は「目の前に当人がいない時」に限られる。別れてしまった恋人や、遠いところにいる恋人に、直接は声が届かないときに使用されるのである。何故会えないのであろうか。これだけ仕事もせず暇そうなのに。

考えられる理由は一つ。「牢獄に入れられているからである。」

歌い手は市場が開いていない日曜日に市場で買い物をした、と主張している。これは、闇の市場を示しているのである。闇の市場で購入する麻=大麻である。つまり日曜日の行動はこう解釈するべきである。

日曜日に闇の「マーケット」での大「麻」の取り引きを裏から「糸」を引くことを「かって」出た。

なんと、この歌い手の正体はロシアマフィアであったのだ。

もちろん歌い手は、裏では大麻取り引きをおこなっているが、表の顔としてカモフラージュのための商売をしている。これが実は風呂を使用できない理由である。他の日には浴槽を使用できないのである。一週間で収穫できて、日当たりの悪い浴室で栽培できるもの、以上の条件を満たすものを推理すると、カイワレダイコンの栽培を表のビジネスとしてやっているのである。一週間で収穫して出荷、浴槽を清掃しやっとお風呂に入れるのであろう。風呂から上がったらすぐに種まきである。表では青年事業家、裏の顔はロシアマフィア。彼は男性であろう。なんと、一週間の歌の主人公は男性であったのだ

水曜日に友人が来て、泊まって帰っていった。これはあまりにも漠然としてして状況を特定しずらい。毎週水曜日に泊りがけで遊びに行くことができる人。すなわち毎週木曜日には仕事を休む人である。定休日木曜の職業とは? そう、医者である。医者とロシアマフィアの癒着…。麻薬の横流しであろうか、臓器密売の打ち合わせであろうか。想像するだに恐ろしい光景である。

さて、問題の金曜日である。金曜日は本来、糸を紡ぐ日であることを主張している。しかし、歌い手は月曜日に糸を買うはずである。糸を買う人は、糸を紡ぐ必要はない。この歌詞も裏の意味があるのである。糸巻きを「せず」である。「糸を紡ぐ」というのはロシアでは慣用句として字義以外の意味を持つ。糸を紡ぐ時には手は忙しいが、口と頭は暇である。即ち、「無駄話をする」という意味を示す。日本語で言う「油を売る」と似たような意味である。ロシアマフィアが無駄話をする。これは「官憲に捕らえられ、口を割る」ことを示している。

金曜日は糸巻きもせず=金曜日は黙秘を貫いたが
土曜日はおしゃべりばかり=土曜日には口を割り、仲間をサツに売ってしまった。

最後に「恋人よ」と呼びかけているのは、恋人に対し、「私はロシアマフィアの沈黙の掟を破ってしまった。君にロシアマフィアの手が伸びるかも知れない。逃げなさい。」と伝えているのである。

ロシアマフィアの沈黙の掟を破った歌い手とその恋人の運命やいかに!?

というところでこの歌は終っている。残念ながら本考察もここで終了である。


…さて、ここで私の推理を一つ。この歌は確かに変ですね…でも私の推理は違います。
実は、この男性でも女性でもどちらでもいいのですが実はテロリストの歌だと思います。
今やテロリストといえば中東やアフガンなどを思い浮かべてしまいますが、実はテロルというロシア語がごげんなのです。ということなので本当の意味でのテロリストはロシアなのですが、ロシアでテロが
起こったのは簡単にいえば王政に対する不満の爆発ですが、のちには国家転覆になるのです。
王政を打破するために行動を起こしたいが広いロシアでは一斉にというのがなかなか難しく、またこのときロシアは本当に弩田舎国家でしたので、まだ西洋の啓蒙思想が民衆に広まっていません
ということで、武力によって王政を潰すというのがテロルでありそれを行うのがテロリストです。
ここまでが基本情報です、これをもとにいよいよ私なりの推理を発表します。

まず、日曜日に買いものですが、この内容は糸と麻。これ自身は特に違和感がありませんが…
次の月曜日のお風呂と火曜日に入ること…これがおかしいですね。
ですが、こうとらえるとどうでしょう?お風呂とは…爆弾のこと。そう月曜日は爆弾づくりです。そしてそれを火曜日に使ったということです。
それならば麻というのは爆弾をつつんでいた火薬のことで糸は導火線です。また日曜日は上にもあるとおり休日です。つまり市場というのは仲間のことでは。
そして、友達がきて翌日送っていった…つまりはそういうことです。同志が来てその同志と一日スケジュールを詰めて翌日に返す。ということでは。
では、金曜日の糸巻きもせず…ここではこの人が糸巻きもせずということです。一見さぼっているみたいですが、実は糸巻きもできなかったということでは?糸巻き…つまり導火線づくり…それすらもできないということは警察機構の取り締まりがあったということでしょう。
そして翌日に同志と話し合う…
そして最後の恋人は…つまりはボスもしくは同志たちのことで最後の一文に自分たちの一週間の活動の記録がこれであると報告しているのです。
さて、もう一つはなぞのかけごえ…テュリャですが…これは導火線に火がついた時さいのあの音…
を表しているのでは?
…以上が私なりの推理です。実はこの推理は当時教えをいただいていたとある人の仮説をもとにしているのですが…はたして根拠はあるのかどうかはわかりませんが…十分考えられると思います。
いずれにしても古今東西の民謡というのには隠された意味があるというのは間違いないと思います。

では、本日の名台詞。

「天誅~~~!!!ネオ・ジオン万歳!!!」 ネオ・ジオンのテロリスト

解説:
本日の名台詞は、フィフスルナを止めようとしたレーザー攻撃を封じ込める為に、その砲台を爆破した
テロリストが襲撃したさいに発した台詞が本日の名台詞になります。
しかし、天誅~~~~…というのはいかにもですね。まあ解りやすいですが。
それにしてもネオ・ジオンにくみするテロリスト、もしくはネオ・ジオンの工作員が襲撃するということは
それだけ連邦軍に危機感というかなにかが足りないのかもしれません。
確かにテロリストとを封じ込めるのは至難でしょうが、この行動を見る限り連邦軍がテロを未然に防いでいるかどうかは微妙なところです。おそらく、テロ分子が多すぎて取り締まりにも限界があるのだとおもいます。それほど連邦政府は嫌われているのですね。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

一週間の歌は、訳で大分違っているところもあるみたいですね。特に土曜の歌は、おしゃべりといっても死者を弔う話のようです。

モアモア!!!帰ってきた乙女たち!!!

祝!!!ファンディスク!!!彼女たちが帰ってきた!!! また会える…より強く、より美しく!!!
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!

ワルキューレ・ロマンツェ~少女騎士物語~熱烈応援中!!!

焦がれ彷徨うさすらいの騎士(少女)たちに…この恋を
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!

祝!アニメ化!日本よコレが、ワルロマだ!!!

ジョストは遂に、メディアの世界へ…恋はこの槍に誓って…

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ricotta 様
新たなる騎士(少女)
再び…恋の炎と勝負の氷がよみがえる!!!
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!
四人の騎士(乙女)
愛せよ恋せよ…騎士(乙女)たち
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!
プロフィール
見た目より10歳は年上に見られる変人いや、それ以上に変態…「意思なき所に道は無し」が座右の銘のガンダマーであり ただのバカ

るどまん(るどら)

Author:るどまん(るどら)
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ロックなメイドカウンター
最近のコメント
悪代官(バナーその一)
時代劇の双璧をなす重要人物…わしがいなければ正義の味方は失業してしまう…
炭水化物
好きな四文字熟語は炭水化物!…中華麺は逆輸入!
もう一つの未来
この管理人が主に同人活動を行っているHPになります
月下白虹
ラケシス氏のブログ
我が師…ラケシス氏が(等ブログではR氏といわせていただいております)がブログを始められました。気になった方は…GO!!
その日の○○○
上海アリス幻樂団
東方…美しき弾幕は幻想への案内…さあ…ふれてみよう!いざゆかん!幻想なるかの地へ…
上海アリス弦樂団
博麗ちゃんの賽銭箱
教えて慧音先生!!!
今日の授業…始めます
グーバーウォーク
リンク…それは「ゼルダの伝説」の主人公
このブログをリンクしてくれるというありがたい人を募集です。 相互リンク受け付けています。メールください。
カレンダー…今日はいつかな?
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
小さな天気予報…こころはいつも日本晴れ
ああ!載っていない!!

-天気予報コム- -FC2-
激震の三連バナー
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!
激烈怒涛の四連バナー
迷ったら…そう全てだね
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。