--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-29(Sun)

避けられぬ戦いを乗り切るには…

本日は、追跡取材…ということではありませんが、この話題を行きたいですね。

イチローとの真っ向勝負…無視かミスかは“林”の中
2009年3月28日(土)17:15

(夕刊フジ)
 WBC決勝の日韓戦に決着をつけたのは、延長10回2死二、三塁でマリナーズ・イチロー外野手(35)がヤクルト・林昌勇投手(32)から放った中前打だった。敬遠もやむなしの場面だけに、韓国では「サインの伝達ミスか」「林のサイン無視か」と物議を醸している。

 26日夜に放送された韓国MBCの番組「100分討論-韓国野球を語る」。やはり議論は林の“真っ向勝負”の場面に集中した。韓国代表の金城漢主席コーチは改めて「金寅植監督は確かに真っ向勝負するなとサインを出した。誘い球で勝負して、イチローが引っかからなければ歩かせろと指示し、投手コーチが捕手にサインを送った。ところがなぜかカウント2-2から真ん中に変化球がいった」と釈明した。


 金監督は「捕手が立ち上がってはっきり敬遠するように指示すればよかった。きっちりサインを伝達できなかったならば監督の責任。林は悪くない」とかばっている。


 ただし、韓国野球委員会が発表した試合後の林のコメントは、「サインを見誤ったが、勝負したい気持ちもあった。誘い球が失投になった」と微妙なニュアンスだ。


 さらにプロ入りから11年間、林の面倒を見てきたサムスンの金応竜球団社長は「林昌勇はわざと真っ向勝負した。現場にいなかったから100%は断言できないが、昌勇を長年見ているから分かる。『歩かせろ』のサインを出すとわざと中に投げて打たれたり、何回驚かされたか分からない。首脳陣は昌勇の性格が分かっていなかったのだろう」とし、林の意図的なサイン無視とみている。


【「後悔していない」表情晴れ晴れ】


 林は韓国代表に帯同して米国からいったん母国に戻ったが、こうした経緯から国内では「戦犯は林だ」との非難も噴出。そこで27日に再来日した林を都内で直撃した。


 --サインは正しく伝わっていなかったのか


 「それについてはノーコメント」


 --ファウルで粘られて決着は8球目だった


 「5球目(真ん中低めに落ちる変化球。イチローはファウル)で勝負ができていればよかったのだが…」


 --あまりやらない2イニング目の続投も影響したか


 「それは関係ない」


 --投球内容に満足?


 「いや、最後は思ったようなボールがいかなかった」


 --大会を代表する名勝負だったと思うが


 「一言言うとすれば、もしこういう試合がまたあったら、同じように戦いたい。いい勝負でした。後悔はしていない」


 真相は結局“藪の中”だが、韓国最高のクローザーを自負する投手が、日本を象徴する打者と相対してどんな感情を抱くかは想像に難くない。仮にあの場面でイチローを歩かせて優勝しても、果たして「わが国が世界一」と胸を張れたか。いずれにせよ、世紀の対決を振り返る林の表情は晴れ晴れとしていた。


■林昌勇(イム・チャンヨン) 1976年6月4日、韓国光州広域市出身。右横手からの最速157キロの速球を武器にヘテ、サムスンで主に抑えで活躍し、12年間で104勝66敗168セーブ。故障などで05年から不振に陥ったが、ヤクルトに移籍して昨季は1勝5敗33セーブと復活。今回のWBCでは韓国代表の抑えを務め、決勝でイチローに打たれるまで無失点だった。

…以上の流れですね。まあ、仮に真っ向勝負だとしたらそれはそれでカッコイイし潔いことだと思います。事実であったら私はあの土壇場で勝負を挑んだ林選手を尊敬します。
人間はどうしても避けられない戦いというか場面の時には逃げてしまいたいものです。しかし、それを真っ向から挑んでいったのですからそれだけで勇気ある行動ですし、尊敬すべきことだと思います。
誰にでもできることではありませんし、この場面はWBCという条件だからこそ生まれたのだと思います
素人でも歩かせる場面と言われたこのシーンは後々に語り継がれていくのでしょうね。
こうした人間ドラマが、人に感動をあたえ、凄いと思わせ、そしてここからの尊敬と畏敬の念をもたらすのではないでしょうか?
また、日本もこの場面に競り勝ったからこそ貴重な二連覇を達成した訳であります。
さまざまな思いが入り混じった人間ドラマだからがあるからこそ、スポーツというのは人を引き付ける魅力にあふれているのではないでしょうかね?

では、本日の名台詞。

「ラオウよ…俺にとってあなたが最強の強敵(とも)だった…」 ケンシロウ

解説:
ご存じ、北斗の拳のケンシロウ対ラオウの勝負がついた際に、ケンシロウがラオウの墓前にむかった
放った台詞が本日の名台詞です。
偉大なる兄、そして強い兄として尊敬してまたその兄を十分に意識していたケンシロウにとってラオウに勝つということはそれらを超えたということなのです。永遠にライバルであり、そして誰よりも強く、
たくましい、偉大なる兄としてのラオウをそのあとずっとケンシロウはある意味では追い続けるのですね。男くさい北斗の拳ですが、強い敵には敬意を払い、また敗者にも敬意を払う…という戦う者同士の尊敬の念が随所に込められているのがこの北斗の拳という作品の魅力なのかもしれませんね。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

まさに、我が人生一片のくいなしですね。
韓国の人はあまり敬遠はやりたがらないですからね。大きな賭けですが。ある意味アメリカの野球に近いですね。

モアモア!!!帰ってきた乙女たち!!!

祝!!!ファンディスク!!!彼女たちが帰ってきた!!! また会える…より強く、より美しく!!!
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!

ワルキューレ・ロマンツェ~少女騎士物語~熱烈応援中!!!

焦がれ彷徨うさすらいの騎士(少女)たちに…この恋を
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!

祝!アニメ化!日本よコレが、ワルロマだ!!!

ジョストは遂に、メディアの世界へ…恋はこの槍に誓って…

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ricotta 様
新たなる騎士(少女)
再び…恋の炎と勝負の氷がよみがえる!!!
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!
四人の騎士(乙女)
愛せよ恋せよ…騎士(乙女)たち
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!
プロフィール
見た目より10歳は年上に見られる変人いや、それ以上に変態…「意思なき所に道は無し」が座右の銘のガンダマーであり ただのバカ

るどまん(るどら)

Author:るどまん(るどら)
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ロックなメイドカウンター
最近のコメント
悪代官(バナーその一)
時代劇の双璧をなす重要人物…わしがいなければ正義の味方は失業してしまう…
炭水化物
好きな四文字熟語は炭水化物!…中華麺は逆輸入!
もう一つの未来
この管理人が主に同人活動を行っているHPになります
月下白虹
ラケシス氏のブログ
我が師…ラケシス氏が(等ブログではR氏といわせていただいております)がブログを始められました。気になった方は…GO!!
その日の○○○
上海アリス幻樂団
東方…美しき弾幕は幻想への案内…さあ…ふれてみよう!いざゆかん!幻想なるかの地へ…
上海アリス弦樂団
博麗ちゃんの賽銭箱
教えて慧音先生!!!
今日の授業…始めます
グーバーウォーク
リンク…それは「ゼルダの伝説」の主人公
このブログをリンクしてくれるというありがたい人を募集です。 相互リンク受け付けています。メールください。
カレンダー…今日はいつかな?
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
小さな天気予報…こころはいつも日本晴れ
ああ!載っていない!!

-天気予報コム- -FC2-
激震の三連バナー
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!
激烈怒涛の四連バナー
迷ったら…そう全てだね
『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です! 『ワルキューレロマンツェ』応援中です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。